夏っていつからいつまで?気象庁や旧暦など様々な見方から!!


「夏っていつからいつまで何だろう?」

とお考えではないでしょうか?



夏といえば、夏祭りや花火大会など楽しいことが目白押しです。

でも、夏という季節がいつからいつまでなのか?という事はあまり知らないですよね。これって、明確に区分されているのでしょうか?



「んー、いったい何月から何月までが夏なんだろう?」

私も気になってしまったので、いろいろな視点から夏がいつからでいつまでなのか、リサーチして来ました!

というわけで、今回は夏がいつからいつまでなのか?外国の夏の区分などについてまとめたので、気になっているあなたも一緒に見ていきましょう。


スポンサーリンク

夏はいつからいつまで?

夏 文字
夏がいつからいつまでなのか区分はいくつかに分けることが出来るようです。



その区分というのは…
  • 気象庁
  • 旧暦
  • 二十四節気
  • 学業やテレビのクール毎
  • 気温や体感的に
上記の6つの区分があります。

この中で、気象庁のものが夏の区分としては一般的だとされています。では、具体的に夏がいつからいつらでなのか、分け方を1つ1つ見ていきましょう。


気象庁による夏の期間

私たちの中で一番しっくりくるのが、この気象庁による区分だと思います。

気象庁が公式サイトで書いているのが…
  • 気象庁の区分・・・6月~8月の期間


どうですか?

「この期間が夏ですよ!」

と言われれば確かにそうだな!と思いますよね?

この気象庁の夏の区分は、公式に言われていることなのでこれが正しい夏の期間と言えますね。国の機関である気象庁が言っているから、現代の日本ではこれが一般的なんだと思います。



この気象庁の話で夏がいつからいつまでということはもうわかりましたよね。ここからは、ちょっとした夏の期間に関しての雑学の紹介になります。

では、さっそく次は旧暦での夏の期間はいつからいつまでなのか見ていきましょう!

旧暦では

旧暦というのは、月の満ち欠けによって暦を決めていた方法のことです。

カレンダーに書いている神無月のような○○月というのがそれにあたります。旧暦は12か月で約354日の計算になっていますので、季節とのずれが生じてしまうので閏月という一か月追加されるので一年が13か月の年もある

ちなみに、今年の2017年がその閏月の年です。



それで、その旧暦の夏というのは…
  • 4月・・・卯月(うづき)
  • 5月・・・皐月(さつき)
  • 6月・・・水無月(みなづき)

◆今年の旧暦の夏

2017年は4月26日~8月21日が旧暦を今の日付に当てはめた形です。今年は、旧暦に閏月があったので大幅にずれました。



スポンサーリンク

二十四節季では


二十四節気(にじゅうしせっき)って何?

名前は聞いたことがあるけど、どういうものなのかというのはよくわからないですよね。「秋分、冬至」などは聞いたことがありますよね?

つまり、二十四節気というのはそれのことです。

◆二十四節気とは

二十四節気というのは、先ほどの「冬至、秋分」を含めて24個あります。名前の通りということですね。この二十四節気は簡単にいえば四季をより細かく分けたものです。

例えば、夏を細かく分けると…
  • 5月6日頃・・・立夏(りっか)
  • 5月21日頃・・・小満(しょうまん)
  • 6月6日頃・・・芒種(ぼうしゅ)
  • 6月21日頃・・・夏至(げし)
  • 7月7日頃・・・小暑(しょうしょ)
  • 7月23日頃・・・大暑(たいしょ)
上記のようになります。

上のことを踏まえ、次の季節が始まる立秋(りっしゅう)が8月7日頃のため、その前日までが夏ということになります。

ということは、二十四節気では5月6日頃から8月6日頃までが夏。

学校やテレビのクール毎

学校もテレビも何となく季節の分かれ目がありますよね。
  • 7月から9月
学校では夏休みにがあり、テレビではドラマの夏のクールがこの期間ですよね。テレビだけでなくラジオなんかでも1クール=3ヶ月となっています。



学校だけでなく、会社でもこの期間を夏としているところが多いですね。イベントや行事がこの方がやりやすいというのが、この期間の採用理由かもしれません。


気温や体感的には

気温的に暑いのは5~9月ですね。

そして、体感的に夏が来たと感じるのは、5月ごろの人がほとんどの様ですよ。5月になれば半袖を用意する人も増えてくるので初夏は5月と感じますよね。

つまり、体感的には5月中旬から9月上旬くらいまでが、夏と感じるのは気温ですね。

夏になると気温が高くなって、半袖をいつ出そうか悩みますよね?こういう時は、やっぱり気温を基準に決めるのが一番ですよ!

半袖をいつから着るのか気になった方は、以下の記事を参考にしてくださいね。

こちら⇒半袖っていつからいつまで着るの?気温での見極め方はこれだっ



スポンサーリンク

外国の夏はいつからいつまで?


国で分けるというよりかは、地球の半分で夏の区分が違うという方があっています。

つまり、南半球と北半球で違うということです。
  • 南半球…6月、7月、8月
  • 北半球…12月、1月、2月
上のように夏という同じ季節でも何月から何月までというのは違うようです。ということは、私たちが住む日本と北半球では逆ということですね。

いくつか例外みたいなものがあります。

英英辞典で見るとアメリカは6月、7月、8月となっているのに、イギリスは5月中旬から8月中旬と書かれているようです。

ちなみに、アメリカの人は国が広いこともあって、夏と感じる時期は人それぞれのようです。平均的に5月の終わり頃にアメリカ全土で夏と感じているみたいですよ。



いかがだったでしょうか?

国で違うと思っていたのではないですか?

私も国で気候が違うから夏が何月なのかというのも違いがあると思ってました。まさか、南と北で分かれてるなんて思いませんでした。


まとめ

今回は、夏がいつからいつまでなのかについて掘り下げてきました。最後に、忘れないようにに今回のポイントおさらいしていきましょう。
  • 気象庁では6月から8月(これが一般的)
  • 旧暦では4月、5月、6月。ちなみに2017年は4月26日~8月21日。
  • 二十四節気では5月6日頃から8月6日頃。
  • 学校やテレビのクールでは7月~9月。
  • 気温や体感では5月~9月上旬。
  • 南半球では6月~8月、北半球では12月~2月。
夏がいつからいつまでというのは、基本的には気象庁の6月~8月と覚えておけば大丈夫です。でも、今回はいろいろな夏の期間について書いてきたので、誰かに雑学披露にでもしていただけたらと思います。

もし海外に行く機会があれば、ぜひ北半球が本当に真逆な感じになっているのか確かめみたいですね。違うとわかっていても自分で確かめてみたい、それが男心なのかもしれませんね(笑)



では、今回はこの辺で!

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする