ホワイトボードの油性ペンの落とし方!消えない時はこれっ


「ホワイトボードに間違って油性ペンで書いてしまった!」

「どうやって落とせばいいの?全然消えないんだけど!

とお悩みではないでしょうか?



ホワイトボードに間違って油性ペンで書いてしまう。これって、意外とやってしまうんですよね。私も家にあるホワイトボードにたまにやってしまいます。

でも、油性ペンの消し方を知っているので焦ったりはしないんですよ。



もし、ホワイトボードに間違って油性で書いてしまって困っているのであれば、今回紹介する油性ペンの落とし方を参考にしてください!

では、さっそく一緒に見ていきましょう。


スポンサーリンク

ホワイトボードについた油性の落とし方


ホワイトボードについた油性ペンの落とし方はたくさんありますよね。その中でも、簡単で家にあるであろうものを使ったものを紹介していきます。

今回紹介するのは…
  • マジックリン
  • 専用マーカー
の2つの落とし方です。

では、さっそく1つ1つの消し方を見ていきましょう。

ハンディタイプの花王のマジックリン

タイトルの通りこのマジックリンを使ってみたところ「あら!不思議!」ってな感じで落ちたんです。

やり方も超簡単!
  1. マジックリンを油性ペンがついているところに噴出!
  2. ちょっと待って吹く!
たったこれだけで落ちてしまうんです。マジックリンだけでなく他にも、成分に界面活性剤、泡調整剤、アルカリ剤を含んでいるものであれば大丈夫だと思います。

まぁ、マジックリンは確実です。





マジックリン ハンディスプレー 400ml【楽天24】[マジックリン 洗剤・洗浄剤 キッチン用 花王]【kao1610T】


ホワイトボードマーカーで消す!



油性ペンがテーブルなどについた時に、水性ペンを使って落とすというやり方は有名ですよね。それと同じでホワイトボード専用のペンを使えば簡単に落ちますよ!

<やり方>
  1. 油性ペンで書いてしまった上に専用マーカーで塗りつぶす。
  2. これであとは拭くだけ。
たったこれだけなんです。ホワイトボードがあるので専用マーカーもあると思うので、誰でも簡単に消せるのはこちらの方法でしょう。

「それで本当に消えるの?」

と疑い深い方のために下の動画を張っておきますね。



どうですか?本当に簡単だったでしょ!

それに、とってもキレイにとれていると思いませんか?



ここまで、簡単に消せる方法を紹介してきました。ネットではたくさん油性ペンの落とし方についての情報がありますよね。でも、中にはやらないほうがいい消し方ってのもあるんです。

次は、やらないほうがいいやり方とその理由を見ていきましょう。

やらない方がいい落とし方


ネットで調べるとたくさん油性ペンの落とし方をが出てきますよね。どれをやっても消すことはできます。

しかし、その後消えにくいなるのは早まります。



例えば…
  • アルコール
  • 除光液
  • シンナー
などが良く消すことが出来ると取り上げられたものが見られます。でも、これらを使って消してしまうと、ホワイトボードの表面に施されたコーティングが剥がれてしまうんです。

だから、その時は消せても次第に専用マーカーで書いても、消えにくくなるようです。つまり、ホワイトボードの劣化が早まるということ。



普通に使っていてもホワイトボードは劣化して、消えにくくなるものです。でも、その時にも対処法はあるんです。

では、消えにくくなった時の対処法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

消えにくくなった時の対処法!


消えにくくなった時の対処法の前に、知らないといけないのは原因です。まず、原因を知って排除していきましょう。

主に消えにくくなる原因は
  • ホワイトボードの表面
  • ホワイトボードマーカー
  • クレーザー(消すやつ)
この3つが消えにくくなる主な原因です。



マーカーは買い替えれば問題ないですし。クレーザーは洗ってきれいにするという対処もできます。でも、ホワイトボードの表面のコーティングは話が別のようです。

まず、試してほしいのが水拭きです。ただ汚れがたまって、消えにくくなっている可能性もあるので試してください。

ポイントは軽い水拭きです!



それでだめなら専用のコーティングキットです。

これは、約4000円するので高いホワイトボードを使っている場合に限っておすすめです。6回分あるので買い替えるより節約にはなりますよ。





[R] ホワイトボード再生コート コーティングキット 約6回分 [15ml]


まとめ

最後に今回のことについてまとめておきますね。
  • マジックリンで拭くだけ
  • 専用マーカーを上から塗って拭く
  • 強い溶剤を使うと劣化が早まる
  • 消えにくくなったら買い替えや掃除をする
ホワイトボードはいつかは消えにくくなります。

しかし、扱い方を間違えるだけで劣化は早まります。油性で書いてしまったときは、出来るだけダメージを与えないようしないといけないですね。

その点、今回お伝えしたの落とし方はダメージが少ないと思います。消えにくくなったときの対処に関しても書いていますので、その時にも参考にしてくださいね♪



では、今回はこの辺で!^^



【合せて読みたい雑学記事】

油性ペンの落とし方!布や壁などでも消すのはできるの!?

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする