ソーセージは生でも食べられる?ウインナーも大丈夫か徹底解説!!


「ソーセージって生で食べられるの?」

と思ったことないですか?



以前「ベーコンって生で食べれるの?」という記事を書いている途中に、ソーセージも生で食べられるのかなぁ?って思たんです。

私は生で食べたことがあるんですが、あなたは生でソーセージを食べたことがありますか?私が食べたときはお腹が痛くならなかったけど、実際食べていいのかというのはいまだに謎です。

この時は、たまたまお腹が痛くならなかっただけで、本当は食べてはいけないならこれからは気を付けないといけないですよね。



知らなくて生で食べて腹痛になりたくないのでソーセージやウインナーを生で食べても大丈夫なのか?について徹底的にリサーチしてきました。

私のように生で食べても大丈夫なのか?と不安な方に参考になる内容になっているので、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

ソーセージは生で食べられる?



ソーセージは生で食べてもいいのか?というのは誰でも思ったことがあることだと思います。

この疑問の答えは生で食べても大丈夫!です。


これは、ソーセージの生産方法を見れば生で食べても大丈夫ってことがお分かりいただけると思います。
  1. お肉を漬け込む
  2. 味付け
  3. 充填(腸などに詰める)
  4. 燻煙・ボイル
一般的にこのような工程になっています。これを見ればわかると思いますが、ボイルという加熱する作業が入っていますよね。

つまり、ソーセージには加熱処理されているものなんです。



ソーセージの製造の動画があったので張っておきます。実際にどのように製造されているのかよりイメージできると思います。

でも。長い動画になっていますので時間があるときに再生してください♪



心配な方は売られているソーセージのパッケージの裏を見れば添加物に関することが書かれている場所がありますよね。そこに、加熱食肉製品と書いていると思います。

この表示がされているものはそのままでも食べても問題ないんですよ。

■ソーセージに関する法律

日本ではソーセージ類を「食品衛生法」「JAS法」によって食肉製品とになっています。この法律で衛生、製造、保存の3つの基準などが決められています。それで、作る工程で完全い火を通すことが決められている。

なので「加熱食肉製品」と書かれている商品はそのままでも大丈夫なんです。

このように法律でも厳しく決められていることから、加熱食肉製品と表示があれば生でも食べられます。もし、書いていないものがあれば製造方法が違うかもしれないので食べないほうがいいと思います。



加熱食肉製品と書いてあるソーセージは生でも大丈夫ということでした。でも、ウインナーに関しては生で食べちゃダメなものがあるようなので、そのことに関しても見ていきましょう。

スポンサーリンク

ウインナーは大丈夫なの?

ウインナーに関しても、前述のソーセージのことを見たら食べても大丈夫ということはわかると思います。理由は製造工程がほとんど一緒で加熱処理がしてあるからです。


しかし、前述した通りウインナーの中には食べてはいけないものがあります。それは生ウインナーという食品です。つまり、生ウインナーは製造の工程で加熱が行われていないんです。

◆生ウインナーとは

生ウインナーはウインナーと名前が入っていますが「食肉製品」じゃなくて「食肉加工品」という商品。製造の工程で加熱せずそのままで販売されているものなんです。

なので「生ウインナー」はきちんと火を通してから食べないとお腹を壊すことになります。

ウインナーを生で食べるときは、食べていけるものなのかをしっかりチェックしておかないといけないですね。



ソーセージを食べる時「茹でる派、焼く派」の2つに分かれると思います。

私は断然茹でる派です。でも他においしい食べ方ってないか調べていたら、とてもおいしく出来る方法があったので紹介します。

ちょっとした工夫なのでぜひ試してほしいです。

ソーセージの美味しい食べ方

これから紹介する美味しいソーセージの食べ方は、茹でる方法なんですが本当にちょっとの工夫でおいしくなるんで、覚えていってください!


準備するのは塩と水だけです。


  1. 鍋に水を2リットル張って80度にする。
  2. 小さじ3杯ほどの塩を入れてソーセージを投入。
  3. ソーセージが浮いてきたら完成。
80度でゆでる理由は沸騰して100度でソーセージを茹でると旨みが出てしまうので注意しておきましょう。

塩を入れることで旨みが逃げにくくなる。

「え?これだけ?」

と思いますよね。でも、試してください本当においしく食べられますよ!

この茹で方は、本場のドイツで開催されるコンテストでソーセージで金賞を取った、ソーセージ作りのプロが考案したものです。

なので、間違いないってことですね。


まとめ

ソーセージが生で食べられるのかについて書いてきました。最後に、今回のポイントについてまとめているので、おさらいして忘れないようにしましょう。
  • 製造過程で加熱処理されている。
  • 加熱食肉製品と表示されていればOK。
  • ウインナーも基本生でも大丈夫。
  • 生ウインナーだけは加熱しないといけない。
ソーセージが生で食べられることがわかりましたが、結局加熱したほうがおいしいので加熱して食べてしましますよね。

あと、記事の中で紹介した茹で方は本当においしいので試してください♪

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする