ベーコンって生で食べれるの?加熱なしでも腹痛とか大丈夫?


「ベーコンって生でも食べられるの?」

と思ったことはありませんか?



ハムは加熱しないでも食べるけど、ベーコンを食べる時って加熱して食べますよね。生で食べられるなら焼く手間が省けますし、生で食べるという選択肢も増えますよね。

でも、生で食べて腹痛とかになったら最悪。

まぁ私は気にせず生で食べることが多いんですが、いまだお腹が痛くなったことはないんですよ。でも、本当は生で食べたらだめだったらどうしようってたまに思うんです。

この前サンドイッチに生のベーコンが入っているものがあったんで、やっぱり、ベーコンは生でもいけるんでしょうか?



というわけで、今回はベーコンが生で食べれるのか調べてきました。種類によっての違いなどについても書いているので、一緒に見ていきましょう。

今まで、生で食べてる人もきちんと大丈夫なのか見ておいた方がいいですよ!

スポンサーリンク

ベーコンは生でも食べられるの?

では、ベーコンを生で食べられるのかということですよね。

結論から言えば生でも食べられます。

そうなんです!生でも食べて大丈夫なんです。なので、是非食べて見てくださいね。でも、なぜ生でも大丈夫と言えるのか?ですよね。

それは、ベーコンの包装に答えは書いているんですよ!

どんな商品の裏にもその詳細が書いています。そこに加熱食肉製品と表示があると思います。つまり、加熱のされたものということです。

なので、ベーコン自体が生ではないということですね。このことから加熱をせずとも美味しく召し上がることができるということがわかりますよね。

私たちが加熱しないといけない生肉と同じというイメージを勝手に持っているというだけのようですね。このことから、パッケージに加熱なしでも食べられるという表示がある商品もあるくらいですしね。



しかし、ベーコンの中には非加熱食肉製品乾燥食肉製品と書かれたものがあるんです。

「あれ?じゃあ、生で食べられないという事?」

ってなりますのね?



これはどうなのか知らないといけないですね。なので、ベーコンを販売している会社の公式サイトをいくつか調べてきました。


加熱食肉製品と書い物は?

非加熱食肉製品は名前の通り加熱はされていないようです。

「じゃあ、やっぱり食べられないの?」

というと、そんなことはなく答えは加熱しなくても食べられる!ということなんです。

非加熱食肉製品というのは、加熱はしていないものの乾燥を強化して、完全な状態で加工されたものなんです。なので、生の食感を楽しむことができるんです。



ベーコンが生でも食べられるということなんですが、実際どちらの方がおいしく食べられるのでしょうか?好みによてといえば簡単ですが、世間ではどちらが主流なのかについて見ていきましょう。

次は、世間ではどちらの方が人気なのかについ見ていきましょう。

生と加熱どっちがおいしいの?


ベーコンは加熱したほうがおいしいのか?生のほうがおいしいのか?

これは、人によって好みが違うので使う料理に合わせて選ぶものなんですが、世間ではどちらの方が人気があるのかについて調べてきました。



調べた結果は、やっぱり加熱したベーコンのほうが人気があるみたいです。当然といえば当然なんですが圧倒的に加熱派が多いですね。しかし、晩酌の際は生ベーコンを食べるよう。

これは、手間を省きたいという思いが強いのかもしれませんね。私もめんどくさがりなので手間をかけたくない時は、生で食べることが多いです。

めんどくさい時、生ベーコンが好き・・・生ベーコン

めんどくさくない時、焼くほうが好き・・・焼きベーコン

のように分けている方が多い気がします。私も上のように用途によって使い方を変えるようにしています。でも、基本は生で食べることが多いんですけどね(笑)

まとめ

今回はベーコンが生で食べられるのかなどについて書いてきましたが、お伝えした中の大切なポイントをおさらいしていきましょう。
  • ベーコンは加熱しないでも食べられる。
  • 加熱食肉製品、非加熱食肉製品どちらも大丈夫。
  • 人気はやっぱり加熱派。
  • めんどくさい時は加熱なしで。
調べてみて初めてベーコンを生で食べてもいいということを知りました。まぁ、それ以前から焼かずに食べていたんですけどね!

ベーコンについて調べたからこれからは安心して食べられるってものです。

でも、やっぱり焼いた方がおいしいってことには気づかないふりしているただのめんどくさがりなんですけどね。なので、なにかおいしい食べ方でも探してみます...



では、今回はこの辺で!^^

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする