鮭とサーモンの違い!鱒は?大人なら知っておきたい豆知識!!


「鮭とサーモンと鱒の違いって?」

と思ったことはありませんか?



鮭といえばおにぎりやお茶漬け焼き鮭など和食。サーモンといえば洋食と寿司のイメージがありますよね。鱒といえば私の中では唐揚げです。

この3つの違いって何なんでしょうか?



この間、お寿司屋さんに行ったときそういう話題になりました。そこに魚屋さんがいなかったので、結局答えは出なかったんですが...

気になったので調べて見ると決定的な違いというのはなかったんですが、ここが違うというものがわかりました。



というわけで、今回は鮭とサーモンと鱒の違いについて書いていきたいと思います。わかりやすく書いていきますので、一緒に見ていきましょう。


スポンサーリンク

鮭とサーモンと鱒の違い!

鮭とサーモンと鱒を英語にしてみると。
  • 鮭はサーモン(salmon)
  • 鱒はトラウト(trout)
このようになっています。

「あれ?じゃあ、鮭とサーモンって一緒じゃね?」となりますよね?

だったら、鱒だけ違うものなのかなー?



でも、違うものなんですよ!

ではさっそく、一つ一つ詳しく紹介していくので一緒に見ていきましょう。


鮭とは


鮭と言われるのが元は、シロザケと言われる種類のものを読んでいたんです。それが次第に鮭の種類に関係なく総称として呼ばれるようになっています。

一般的に言われているのが、川で産まれて海に行ってまた故郷の川に戻ってくるのが鮭で、国産で天然のものを呼ぶことが多いようです。さらに、加熱調理をしないといけないとも言われています。

スーパーで売られている切り身と塩鮭は紅鮭という種類のものです。



サーモンと違って生では食べられないんです。これは天然物は寄生虫がいるといわれているからだと思います。しかし、今では生産技術の向上で養殖のものでも生で食べられるようになってきているようです。



さて、次はサーモンについて紹介してきますね。



スポンサーリンク

サーモンとは


では、サーモンは一体なんなのか?

鮭は天然のものでしたが、サーモンは基本的に輸入品や養殖のものを指すことが多いです。海で養殖されたものが寿司で食べられるのがトラウトサーモンなんです。

トラウトサーモンを直訳するとマスサケです。

鱒なの?鮭なの?ってなりますがトラウトサーモンとは海で養殖したニジマスのことで、商品名がトラウトサーモンということです。



鮭と違いサーモンが生で食べられるのは、天然の鮭には寄生虫がいるが海で養殖したサーモンには、寄生虫がいないといわれているからです。



最後に、鱒について見ていきましょう!


鱒とは

鱒は鮭とサーモンと違い海に行かないとされています。つまり、淡水で一生を過ごす物を鱒ということです。

昔は、サケ科の魚の総称として鱒と言っていたようですが、先ほど言った通りこの中の一つの種類のシロザケをサケと呼ぶようになった。



では、ここまでのことをまとめると以下の違いが見えてきました。

■違いをまとめると
  • 鮭・・・国産、天然、加熱が必要、川で生まれて海に下り産卵のため故郷の川に帰ってくる
  • サーモン・・・輸入、養殖、何でも食べられる、海で養殖される
  • 鱒・・・海に下らず淡水で過ごす
これで大体のイメージは出来るのではないでしょうか?

しかし、同じサケ科の魚ということもあって、生物学上は明確な線引きができないのも確かなんです。

なので、鮭は国産、サーモンは輸入、鱒は川で生きているみたいな感じでしか分けられないんです。でも、このようなイメージを持っていれば大丈夫だと思いますよ!

スポンサーリンク


突然ですが質問です。

鮭やサーモンって何色の身をしていますか?

オレンジのような色で赤身魚と思われている方は多いんではないでしょうか。しかし、鮭やサーモンというのは白身魚なんです。

なぜ、この色なのに白身なのでしょうか?


鮭は白身魚ってほんと?


鮭やサーモンといえばオレンジのように赤みが買った身をしていますよね。でも、見出しに書いているように白身魚なんですよ!

白身と赤身の違いは筋肉の違いなんです。早く動かすために使う速筋と呼ばれている瞬発力が高く、赤身は持久力が高い遅筋が多いんです。

でも、なんで白身なのに色が赤より何でしょうか?



これは、鮭が食べるものの中にあるアスタキサンチンという赤い色素が関係しています。鮭が海を泳いでいるときにオキアミなどのプランクトンを摂取します。

このオキアミなどが藻を食べるんですが、この中に赤いものがあるんです。



また、他の生き物もオキアミを食べていますよ!

例えばカニやエビの殻やタイなどの表面も赤いですよね。しかし、鮭だけは筋肉にアスタキンサンチンを取り込むので、筋肉だけが赤くなるんです。

これが、白身魚なのに赤い理由なんです。

まとめ

今回鮭とサーモンと鱒の違いや白身なのに赤い理由などについて書いてきました。最後に、大切なポイントをまとめたので一緒におさらいしていきましょう。
  • 鮭は国産、サーモンは輸入
  • 鮭は川から海へそして川に、サーモンは海での養殖、鱒は川だけ
  • 鮭やサーモンは白身魚
  • 生物学上の違いは無く同一の種類となっている。
  • 鮭やサーモンは白身魚で食べ物の影響で赤くなっている。
鮭やサーモンの違いだけでなく、白身魚っていうことにも触れてきましたがいかがだったでしょうか?

昔から、私の中では赤身魚と思っていたんですが、鮭が食べる物の影響であの色だったんですね。

初耳だったんで少々驚きです!



結局のところ同じサケ科の魚ということには変わりありませんでした。それに、明確な線引きというのはしにくいところなんですが、ある程度はイメージできたのではないでしょうか。



では、今回はこの辺で(^^)

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする