耳鼻科の耳掃除は痛いの?料金などの詳細を一発チェック!!


耳鼻科で耳掃除してもらう前に知りたいことって多いですよね!

まだ、一度も耳鼻科で耳掃除をしてもらったことがないと「痛いのか?値段はいくらなのか?」などが気になります。



自分で耳掃除するのも気持ちいいけど、ちゃんと耳が綺麗に掃除できてるのか不安。

その時、耳鼻科で耳掃除と頭に浮かぶけど、どんな事をされるのか事前に知っておきたいものです。

私も以前から気になっていたので、耳鼻科の耳掃除に関して色々リサーチしてきました!



今回リサーチしてきた、

  • 処置の痛いのか?
  • 耳掃除の料金はいくらか?
  • 処置の内容
  • どんな道具を使うのか?
などついてまとめました。

耳鼻科の耳掃除に行きたいけど、色々と不安な方はに参考になる内容なので、ぜひ一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク

耳鼻科の耳掃除は痛い?

%e5%8c%bb%e5%b8%ab%ef%bc%91
綺麗になるとかの前に、痛いなら耳鼻科でやってもらいたくないという方も多いですよね。

私も痛いのが得意じゃないのでこれが一番気になっていました。

耳鼻科の耳掃除が痛いのか?調べた結果、

基本的に、耳鼻科での耳掃除は痛くはありません。

しかし、お医者さんや耳の状態によってはめちゃくちゃ痛かった!という方もいるので、耳鼻科の評判を調べておいたほうがいいでしょう。

以前、知り合いが耳掃除してもらったところに行くというのもありですね。



耳の状態によっては痛みを伴うことがあるということでしたが、どういった状態なのかが気になりすよね。

◆こういう場合は痛い

さて、耳鼻科で耳掃除をしてもらう時に痛いケースは、長い間耳垢が固まっている場合、はがす際に結構な痛みがあるという事です。

でも、通常は耳に目薬(耳垢を柔らかくする)のような薬を渡されて、後日また通院するのが多いみたいです。

という事はちゃんとしたお医者さんだったら、耳掃除で痛い事は無いという事。それに耳垢が固まってる場合も、薬を渡される事が多いようですから大丈夫そうですね。

大切なのは耳鼻科の評判を知人に聞くという事ですね。



調べるならネットとかもあるけど、嘘の情報が多いのもネットの怖いところなので、病院とかは知り合いに行くのが一番だと思います。

スポンサーリンク


耳鼻科で耳掃除をしてもらっても、基本的には痛くはない事がわかりました。でも、痛く無かったとしても料金が高いなら行くの迷いますよね。

気になるのは料金がどの程度なのか?

なので次は、耳鼻科の耳掃除の料金について一緒に見ていきましょう!


耳鼻科での耳掃除の料金はおいくら?


耳鼻科での耳掃除は保険が適用されるので料金はそれほど高くはないです。料金は初診で大体1300円程度が平均なので、二回目以降はさらに安いということですね!

ということは2回目から安くなるとので、数か月に一回定期的に受診するようにしても、お値段は高くつきません。

自分での耳掃除に不安な方は、耳鼻科での耳掃除がいいかもしれませんよ。その時に耳にトラブルがあれば気づいてもらう事もできますからね。



耳鼻科で耳掃除をしてもらう時に気になる、痛みや料金についてはすでにお伝えしました。でも、どんな手順なのかも気になりますよね!

なんか怖い器具使われると不安ですからね。

なので、次は耳鼻科での耳掃除の手順を一緒に見ていきましょう!


耳鼻科の耳掃除はどんな内容?

耳掃除がいたくないという事ですが気になるのは処置内容。

では、さっそく処置内容を見ていきましょう!

◆耳掃除の手順
  1. まず、耳鏡や顕微鏡で耳を見てもらう
  2. 耳垢鉗子や耳用小鈎で耳垢を取り除いてから
  3. 吸引管で細かい耳垢を吸い取ってもらう
  4. 最後に耳をチェックしてもらい、耳垢が残っていなかったらOKです。
ここまでで大体5分程度

どうですか?

けっこう簡単そうで、時間もかからないのでいいと思いますよね。

上述した中で、よくわからない器具の名前がありましたよね。次に詳しく書いているのでチェックしていきましょう。

◆耳掃除の道具
  • 耳垢鉗子(じこうかんし)
耳垢を挟んで取る器具。
  • 吸引管
細かくなった耳垢を吸引する。
  • 手術用顕微鏡
耳の中を見えやすくする。
  • 耳用小鈎(じようしょうこう)
耳垢を手前に引っ張り出す道具。
  • 耳鏡
光を当てると肉眼で奥まで覗くことが出来る道具で、筒状の鏡です。



基本的に、このような器具を使って耳掃除をしてくれます。



耳鼻科の耳掃除はこれらの複数の道具を使って耳掃除をしてくれるので、家で自分でやるより綺麗になりそうですね。

スポンサーリンク


ここまで耳鼻科での耳掃除に行く前に知っておきたい事をお伝えしてきました。でも、耳鼻科に通うのが面倒な時もありますよね。

そんな時のために次は、自宅でできる正しい耳掃除を紹介したいと思います!


お家での正しい耳掃除とは?


自分で耳掃除する際は、耳掻きより清潔な綿棒を使うようにしたほうが良いようです。

また、自分で耳掃除をするときに注意していおきたいのが、耳の奥に耳垢を押し込んでしまうことです。なので、無理に奥まで掃除しないようにして下さい。



また、綿棒で耳を掃除する際は、入り口から1センチ程度のところまでにします。

なぜ1センチなのか?

それは、1センチより奥には耳垢がたまりにくくなっているので、鼓膜を傷つけてしまう恐れがあるから。



メーカーによっては綿棒の注意書きに「1センチまで」と書かれている物もあります。

私の家にある綿棒には「耳の奥の掃除は控えて下さい」と書かれていたので、耳が傷つくからという事なんでしょう。



それと気になるのが耳を掃除する頻度ですよね?

耳掃除の頻度は頻度は月に1回程度が良いと言われています。耳垢が気になるのはわかりますが、あまり多く耳掃除をすると、耳を傷つけてしまうからです。


おわりに

今回の記事を見て耳鼻科で耳掃除したくなった!と少しでも思っていただけると嬉しいです。

料金も高くないので一度、医師であるプロに掃除してもらって今後通うか決めるというのも1つの手ですね。

自分で掃除すると外耳道を傷つけてしまったり、鼓膜を傷つけてしまって気が付けば、耳が聞こえにくくなっていた!なんてことになれば元も子もありません。

自分での掃除が気持ちいということもわかりますが、週に何度もするのではなく月に1回~2回程度にして、定期的に耳鼻科に通院するようにしましょう!
では、今回はこの辺で!

最後まで、読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする