シナモンとニッキの違いって?似てはいるけど結構違う!!


シナモンとニッキって結構違うものって知ってますか?

シナモンはまだ身近に感じますが、ニッキってあまりなじみがないように感じるんですが、京都の八つ橋に使われていると言われれば、身近に感じなくはないですよね。

このシナモンとニッキは似てるようで違いがあるんです。原産国や味、香りも少し違って知れば、比べてみたいとなること間違いなしです。



ということで、今回はシナモンとニッキの原産国、味や香りなどの違い、それと効果などについて書いていきたいと思います。

「どこがちがうのー?」

という方の参考になる内容を紹介していますので、一緒に見ていきましょう。


スポンサーリンク

シナモンとニッキ違い


まずは、シナモンとニッキの原材料から見ていきましょう。この2つの原材料は同じで、クスノキ科の日桂という植物からできています。

違いといえば原産国の違いです。
  • シナモンはスリランカのセイロン産の日桂の皮というセイロンシナモン
  • ニッキは日本産の日桂の根
シナモンとニッキの違いって原産国に違いがあるんですね。日本産がニッキで他の国のものはシナモンと覚えていたらいいかもしれませんね。

それに、使われる部分にも違いましたね。皮がシナモン、根がニッキなんですね。



シナモンも産地によって違いはありますが、日本で多く見られるのが先ほどのスリランカのセイロンシナモンです。製造方法は、樹皮のコルク層を取り除いてから筒状にして、中に皮を詰め干すようです。種類によっても製造方法は違うようです。



産地と使われる部分が違いましたが、シナモンとニッキの味の違いって比べたことないのではないでしょうか?

次は、味にはどのような違いがあるのか見ていきましょう。


シナモンとニッキの味の違い

シナモンといえばお菓子作りなどにも使われていますし、スタバにも置いているので身近なものになっていますよね。
  • シナモン=辛くない
  • ニッキ=少し辛い
シナモンは香りと違って辛みがあるのが少しギャップがありますよね。ニッキは八つ橋に使われているので、口にしたことがある方は多いのではないでしょうか?


八つ橋にニッキが使われる理由は、日本で生産されているのがニッキだったからと言われています。日本産で、あまり量も多くとれないということでシナモンよりは割高になっています。

シナモンとニッキを食べ比べるという機会は少ないと思うで参考してくださいね。



シナモンといえば甘い香りがしますよね、ニッキと比べてどのように香りの違いがあるのでしょうか?

次は、シナモンとニッキの香りの違いを見ていきましょう。

スポンサーリンク

シナモンとニッキの香りの違い

シナモンの方が甘くてマイルドな感じ、苦手な人多かったりしますよね。ニッキとシナモンはほとんど成分が同じなんですが、セイロン産のシナモンにしか含まれないオイゲールという成分によるものです。

ニッキの香りを嗅いだことがある人わかると思うんですが、ニッキのほうが鼻に来る臭いがあります。



このシナモンとニッキの香りには意外な効果もあるんです。お菓子に合う甘い香りだけではないっていうことです。

香りの効果

シナモンもニッキの香りの主成分はシナムアルデヒドというもので、お菓子などの甘いものに合うんですが、先ほども言った通り意外な効果も!

それは防虫効果


ある実験で
  • はちみつにシナモンまぶしたもの
  • 普通のはちみつ
この二つをアリの巣のそばに置いたら、シナモンをまぶした方には一切集まらなかったんです。普通のはちみつにだけ集まったのにです。

このシナムアルデヒドという成分は、市販の防虫剤より強力なのではないかと言われるほどです。

しかし、この香り成分の持続時間が短いため商品化はできていないそうです。



シナモンとニッキには防虫効果にだけなるのではなく、体内に取り入れることで効果があるんです。


シナモンとニッキの効果

シナモンとニッキの栄養成分は100gの内容はカリウム、カルシウム、鉄分などが多いんです。でも、香辛料として使われるものなので多くは接種できないですが、効果は結構多いんです。

その効果がこれです。

効果一覧
  • 毛細血管の老化防止効果
  • 毛細血管を修復する効果
  • シミ、シワ、たるみの予防・改善
  • ハゲ、抜け毛の予防・改善
  • ダイエット効果
  • 中性脂肪、コレステロールを下げる
  • 血行不良改善への効果
  • 高血圧の改善効果
  • 血栓予防効果
  • 冷え・冷え性・むくみの改善効果
  • 血糖値を下げる効果
  • 殺菌作用、解熱作用により風邪の予防や改善
このようにたくさんの効果があるといわれているので、シナモンを使ったものを作るときはいい効果が期待で来るかもしれませんね♪



このシナモンですが、実は世界最古のスパイスと言われているんです。さて、どれぐらい前からあったんでしょうか。

スポンサーリンク

世界最古のスパイス?


シナモンは世界最古のスパイスの一つと言われています。紀元前4000年の頃に防腐剤といして使われていたようです。それは、ミイラの防腐としてです。

他に、正式な儀式でも使われていたようです。

旧約聖書にもなどの文献にも記されているので古くからあるのは確かなようです。



日本に伝わってきたのは、奈良時代と言われており紀元前に比べるとそれほどですが、日本にしても古くからあるものには違いがありません。正月に飲む「お居蘇」にも使われていて、邪気を払うという意味があるみたいです。


まとめ

今回、シナモンとニッキの違いと効果や歴史などについて書いてきました。最後に、大切なところをまとめておきますので、おさらいがてら見ていきましょう、
  • 違いは原産国と使われる部分
  • 香りにはシナモンのほうがマイルド
  • 味はシナモンのほうが辛い
  • 防虫効果が協力だが持続時間が短い
  • 血行促進、冷え性などの効果
シナモンとニッキには大きな違いといえば、あまりないように見えますが原産国が違うと香りや味が変わるんですね。

驚くべきは、やはりその効果だったんではないでしょうか。部鴎友の効果があれほど効果的なものとは思いませんでした。

体にも良い効果がたくさんあって、積極的にとりたいと思うけどあまりとれないのが現実ですよね。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする