こどもの日は母に感謝する日?これが本当か調べてきました!!


「こどもの日が母に感謝する日ってどう言うこと?」

と思ってませんか?



こどもの日といえば子供のために色々準備したりで大変ですよね。最近、友人との会話でこどもの日が「母に感謝する日でもある。」という私の知らない話を耳にしました。

最初に聞いた時は「母の日あるんだからわざわざ作るのか?」と疑問に思っていました。

でも、調べてみると本当だったんです。



ということで、今回はこどもの日がなぜ母に感謝する日なのか?について書いて行きますので、一緒に見て行きましょう。


スポンサーリンク

こどもの日がなぜ母に感謝する日なのか?




先ほどこどもの日が母に感謝する日でもあるというのは本当だといいました。これにはきちんと理由があります。それは、こどもの日が国会で制定された時です。

こどもの日は1948年に制定された祝日です。

この祝日には「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する』と定められているんです。

こちらをチェック⇒国民の祝日について

ここに母親が入れられているのは、自分の命を懸けて新たな命を生み出す、母親というすごい人への感謝が込められているのかもしれないですね。

国が母に感謝する日として定めているんです。だがら、というわけではないですが、ほんとはこの日みんな感謝しないといけないんですよ!



「あれ?父親は?」となりますよね。

父親はなぜ入っていないのかは、当然に父にも感謝するものということです。制定された頃は、今とは違い男が稼いで養うのが普通でそれを感謝する。なので、わざわざ入れなかったのかもしれませんね。

当時を生きていない私のはわからないところですが...



書いていて思ったんですがこどもを変換すると子供と出てきますが、なぜこどもの日には「子供」ではないのでしょうか?

気になったのでこれについても調べてきました!


こどもの日がこどもではない理由

こどもの日の文字
子供ではなく「こども」が使われているのは、「供」の意味がこどもに当てはめるとあまり良くないからです。この字は、お供え物という意味や、主人や目上の人に付き従うという意味があります。

このことから、子どもは「お供え物でもないし、大人の手下でもない!」という意見が多かったことから、ひらがなのこどもが採用された様です。

実際のところ、子供に使われる供の意味は複数を指す意味で『〇〇ども』って感じですよ!ドラマとかで、頑固オヤジが『こらー!悪ガキ供!』とかでも〇〇供って使われていますね。



また、昔の日本では7歳までの死亡率が高かったため『7つまでは神のうち』と言われていて、神仏にお供えするという意味で子供と書くとも言われています。

では、正式にはどちらが正しい表記なのでしょうか。?

実は、もう文部科学省が正式に発表しています。これは2013年6月に公文書では「こどもの表記は子供に統一する。」としたようです。

私はこどもってひらがなで書いているので、正直あまり関係ないかな?(笑)



では、お次はこどもの日に食べると縁起がいいとされている食べ物について、書いていきたいと思います。

柏餅やちまきだけではないんですよ!

スポンサーリンク

こどもの日に縁起がいい食べ物


こどもの日になると縁起がいい食べ物を食べたいですよね。でも、どういうものがいいのかは悩みどころです。こどもの日といえば柏餅やちまきが欠かせません。

でも、それ以外にも...
  • ブリ
  • スズキ
  • カツオ
などの食べ物が縁起がいいといわれています。



ブリとスズキが縁起がいいといわれているのは、どちらも成長とともに名前が変わる出世魚だから縁起がいいとされています。また、カツオ=勝男からカツオも縁起がいいんですよ!

こどもの日に柏餅とちまきを食べる理由などに関しては、下の記事に詳しく書いているので気になった方は参考にしてくださいね♪

こちら⇒こどもの日の食べ物!ちまきと柏餅を食べる意味をカンタン解説!!


まとめ

こどもの日が母に感謝する日なのか?こどもと子供の表記の違いに関して、書いてきました。
最後に、今回のポイントをまとめておきますので、おさらいしておきましょう。
  •  こどもの日とは「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」
  • 供は、供えるや目上の人に従う者という意味もあることから「こどもの日」はひらがな
  • 正式な表記は子供


こどもの日が母に感謝する日だと、祝日法で定められているのは結構な衝撃でしたね。こどもの日と言いながら、なかなか深い意味があるって良い祝日ですよね。

あと、こどもの表記は子供が正しいって、今まで考えたことがなかったんですが、差別みたいに思ってしまう人もいるんですね。

まぁ、私は漢字に弱いから考えないだけですが...



最後に、この記事を見てくださったあなたは、こどもの日には母親にも感謝してくださいね~(^^)


スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする