五月人形は誰が買う?関西と関東など地域での違いは?


「五月人形って誰が買うもの?」

これって結構もめる原因になっちゃいますよね?



男の子が生まれて初節句を迎える家庭では、五月人形をどうするか?と話題に出ることが多くなってきますよね。

特にひな祭りを過ぎたあたりから...

そこで冒頭でも言った通り、これでもめてしまうことが本当に多いようです。

「普通、嫁の家が買うんだよ!」

なんていう人もいますよね。結局誰が買うものなのってことですよね。



ということで、今回は五月人形を買うのは両家のどちらなのか?五月人形を選ぶポイントは?などについて書いたので、一緒に見ていきましょう。


スポンサーリンク

五月人形って誰が買うの?




一般的に言われているのは、母親側の家が購入して贈るというのが多いと言われています。しかし、歴史背景から見ると少しちがいますね。

昔は「嫁入り、婿入り」関係なく嫁ぎ先の両親が贈るというのが多かったようです。

つまり、嫁ぎ先の家が五月人形を買い、鯉のぼりや武者幟を買うのが嫁いだ方の家っていうのが昔の習わしというわけなのです。

これがいつしか母親の家が贈るという風になって、いろんな地域に広がっていったんです。地域によっては逆だったりするんですけどね。



では、本題の「五月人形は誰が買うの?」ということですが、関西と関東では以下のようになっています。
  • 関西・・・「お嫁さんやお婿さんの両親」
  • 関東・・・「嫁ぎ先の両親」
のようなことが多いんですが、やはり地域やしきたりによっては違いはありますよ。



最近では、先ほどのしきたりではなくて「両家で話し合い費用は折半して孫に選ばせる」「両家からのお祝い金で夫婦が購入し夫婦の両親は脇飾りを贈る」などが増えているようです。

揉めないためには折半という風にしたほうがいいですよね。

もし「女の子、男の子」の姉弟であれば雛人形と五月人形をどちらか1つずつ買うようにしている家庭も多いようですよ。

まぁ、なんにせよ話し合いなしに決めないようにしたいところですね。



どのようにして買うかが決まったら、次は五月人形をどう選べばいいかですよね?種類もたくさんあって、値段もピンキリです。

次は、五月人形を選ぶうえでのポイントを見ていきましょう。

スポンサーリンク

五月人形の選び方


五月人形は中には何十万するものもあるほどなので、決して安い買い物ではありません。では、どういったところを重視するのか?
  • 一番大切なのは店選び
  • 飾る場所の寸法
が大切なポイントとなっています。では、1つ1つ詳しく説明していきますね。


店の選び方は?

やはり、一番大切なのは店選びでしょう。最近は、インターネットの普及によって店に行かなくても購入は可能となっています。

しかし、便利は決していい事だけではありません。現物が届いて後悔するケースも多いはずです。でも、店が近くにないと現物を見ることはできませんよね?

なので、ネットでどのようにすればいいのか?
  1. まずは、販売サイトを下見することです。
  2. そのサイトでカタログを請求する
カタログがある販売者の方が力を入れているし、カタログに載せるだけの種類がある証拠なので、ここである程度ふるいにかけられますよ。

■販売サイトの注意点
  1. おとり広告に注意する。「おお!これ他より安いじゃん!」と思っても売り切れで他を勧めるという、ある商品をおとりにするやり方です。インターネットの普及で増えてる模様。
  2. 定価から2万円割引!という「定価っていくらだったの?」というものもあります。きちんと値段を他と比べて適切かを判断しましょう。
お店に行ってもその場で買わずにカタログをもらうようにしてください。これもまた、公開の元になりますよ。

品質などに関しては、私は職人ではないので専門のサイトで見たほうがいいと思います。参考になりそうなサイトは以下に張っておきますね♪

こちら⇒五月人形の選び方ー雛人形・五月人形販売のまるぎん


飾る場所のサイズ感


買ったのはいいもの「飾る場所がないじゃん!」とならないために前もって、五月人形の飾る場所の寸法を測っておくこともまた重要ですよ。

場所が決まったら「縦、横、高さ」を念入りに調査します。よしこれでもう五月人形を買える!ではありませんよ。

次は、収納スペースの確保です。

これもまた寸法を測るようにしておきたいところですね。ここまで、チェックすればどれを買えばいいのかをある程度絞れるようになりますよ。


まとめ

ここまで、五月人形は誰が買うのか?に関して書いてきました。最後に、今回のポイントをまとめておきます。
  • 昔は嫁ぎ先が買っていたが今は母親側の家が買う
  • 最近では、両家の折半が増えている
  • 揉めないためには話し合いが大切
  • カタログは請求する
  • 飾る場所と収納場所のスペースを測る
子供のために買う五月人形でも揉めてしまっては子供がかわいそうですよね。

今回調べていて思ったのは、昔からの風習が大切なのはわかるけど、みんなが賛成できるように折半するなど家族間での会話が何よりも大事。

普段のコミュニケーションもそうですが、普段から仲良のよい関係を作っておくことも大切なんだなと改めて気づかされました。

この記事を五月人形の購入に少しでも役立てていただけたら幸いです。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする