五月人形の飾り方と飾る時期!意外と決まりがなかった!?


「五月人形の飾る時期って?飾り方って?」

と五月人形を準備したのはいいものの悩んでしまいますよね?



五月人形って、子供が小さい時は毎年飾るけど一年たつと飾り方って忘れてしまいがちですよね。

それに、今年も飾ってもまた忘れているみたいなことに...

去年、私も親戚の子のため五月人形を飾るのを手伝ったんですが、今になると全然覚えてないんです。



ということで、今回は五月人形の飾り方いつからいつまで飾るのか?など忘れてしまいがちなところを書いていますので、一緒に見ていきましょう。


スポンサーリンク

五月人形はいつから飾るの?


五月人形を飾る時期はいつからいつまでなのか?

これは決まっていないようです。

正式にこの日から飾るというのは決まっていないんですが、一般的に飾り始めるのは春分の日(3月21日)~4月中旬までの間に飾るという家庭が多いようです。

飾るならこの日に合わせるといいのではないでしょうか。



いつから飾るかを知ったら次はいつまで飾るのかですね。なので、次はいつまで飾るのかについて見ていきましょう。


いつまで飾るの?

五月人形を早くしまわないといけないのか?「ひな人形は早くなおさないと婚期が遅れる」といわれていますよね。

五月人形もそのようなことがあるのかってきになりませんか?

これも決まりがないんですよ。



片づけるのは、5月5日のこどもの日以降に片づけるのが多いんです。

この時、湿気が入ってカビが生えないように、晴れている日に片づけるようにしたほうがいいですよ。



次は、五月人形をどのように飾っていけばいいのか飾り方について見ていきましょう。

スポンサーリンク

五月人形の飾り方!


五月飾りの飾り方は
  • 平飾り
  • 段飾り
大きく分けてこの2種類があります。

平飾りは「一段飾り」とも呼ばれているもので、その名の通り一段の構成になっているものです。対して段飾りは二段、三段などがあります。

■平飾りの飾り方
  1. 左側に弓、右側に太刀を置きます。太刀は柄が下向きになるように飾り、付属の紐で太刀を固定する置く。
  2. 中央に兜または鎧を置く。
  3. 後ろには屏風を置く。
  4. そして前にお供え物(ちまきなど)
■段飾りの飾り方(二段)
  1. 上段は平飾りと同じ
  2. 下段に三宝(右にちまき、中にへいし、左に柏餅)
■段飾りの飾り方(三段)
  1. 上段は平飾りのように
  2. 中段は三品を置く。左は陣笠(じんがさ)、中は太鼓、右は軍扇(ぐんせん)
  3. 下段は二段と同じ置き方
飾るときは素手で行わず白手袋でする。爪で傷つけたり、指紋がついて金属の部分がサビの原因になる可能性があります。

※細かい部品が多いのでなくさないように飾るときは、五月人形を置く場所で組み立てるようにしたほうがいいですよ。

基本的な飾り方は大体このようになっています。五月人形の種類によっては、鯉のぼりや吹き流しがあるものもあります。

状況によって飾り方を変えていきましょう。

ここで気を付けておきたいのは、キレイに片づけるため飾る前に元の収納を写真に撮っておくと、片づけるときどうしまおうか悩まずスムーズにできるのでオススメですよ!



飾り方は以上です。

次は、飾る場所や方角には何か決まりがあるのかについて書いていきますね。


飾る場所と方角に決まりはあるの?


五月人形の飾る場所や方角に決まりがあるのかは気になりますよね。どうせ飾るなら縁起がいい方向や場所に飾りたいもの。

しかし、飾る場所や方角にも決まりはない!!

つまり「この方角がダメ!」「この場所がダメ!」というのがないので空いているスペースで大丈夫のようです。



五月人形には飾る期間にも決まりがなく、場所や方角にも決まりはないという驚きの事実ですね。

まぁ、決まりがない方が考えなくていいので楽だと思いますけど(^^)


まとめ

今回は、五月人形を飾り方に関して書いてきました。最後に、ポイントをまとめておきますので振り返っておきましょう。
  • 飾る時期、方角や場所にも決まりはない。
  • 一般的に春分の日~4月中旬に飾る、5月5日が過ぎればしまう。
  • 左に弓、右に太刀で太刀は柄が下向き。
  • 素手では触らない。
  • 元の収納写真を撮っておく。


子供の頃は家に飾っている物としてしか思ってなかったけど、大人になると子供(親戚の子)のために飾る立場になっているなんて今でも変な感じです。(笑)



あらためて五月人形の飾り方に関して見てきましたが「あぁ~、そうそう」ってなりませんでしたか?

一年でここまで忘れているとは思いませんでしたよ。

今回きっちり予習したので飾る準備はバッチリですね。それでは、端午の節句に向けて五月人形を飾っていきましょう!!

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする