鯉のぼりの意味と由来は?細部まで込められて願いと思い!!


鯉のぼりってどういう意味や由来があって飾るのでしょうか。

こどもの日といえば五月飾りや柏餅、それに鯉のぼりなどがありますよね?今回は、その鯉のぼりに関して意味や由来について調べてきました。



もし、自分の子供に「鯉のぼりってどういう意味があるの?」「なんで飾るの?」と聞かれたとき答えられないのは親としては恥ずかしいかもしれませんよ。

私も去年、親戚の子に「なんだ、大人のなのに知らないんだ~」と傷つけられて記憶が...



そうならないためにも、今回は鯉のぼりの意味や由来に関して、私が調べたことを復習もかねて簡単にまとめてみました。

お子さんに良いところを見せるためにも、一緒に見ていきましょう♪


スポンサーリンク

鯉のぼりを飾る由来は?


鯉のぼりはもともと鯉の幟ではなかったという衝撃の事実。

これは江戸時代までさかのぼり、当時は武家社会で飾る習慣があった「旗指物(家紋が入った旗)」が起源と言われています。

元は、江戸時代の将軍に男の子が生まれたときにのぼりを立てて祝っていました。この習慣が武士に広がって男の子が生まれるとのぼりを立て、子供を祝うようになりました。

次第に経済力のある庶民にも広まっていき、経済力のある庶民と言っても地位は武士よりも低かったんです。



そこで庶民の人たちは

「武士に負けっぱなしじゃ嫌だ!」

と見栄を張りのぼりを立てるようになりました。



武士の人が立てていたのぼりは家紋だけのものでしたが、対して庶民が立てていたのぼりは武者の絵などを描いた「武者のぼり」と言われるものでした。

これには子供の成長を願って立てられていたんです。



そして時代が進み、江戸時代の中期ごろになると鯉の滝登りが描かれたものに変わっていき、形がものぼりから今のような吹き流しの形になりました。

■鯉の滝登りというのは

中国の竜門と呼ばれる川を上り切った鯉が竜になるという伝説がもとのことわざです。意味は立身出世といい、簡単にいうとすごい勢いで成長するのような意味です。

つまり、鯉の滝登りのように「子供が立派に成長してほしい」という願いや思いが込められているんです。まさに親の愛ってやつですね!

スポンサーリンク

鯉のぼりには3匹の鯉や五色の吹き流しなどありますよね?実は、これには1つ1つ意味があるんです。

次は、その鯉のぼりの持つ意味について見ていきましょう。


鯉のぼりを飾る意味




一般的な鯉のぼりは
  • 三匹の鯉
  • 5色の吹き流し
  • 天球
  • 矢車
などのものがついてありますよね?先ほど言った通り、これの1つ1つには意味があります。では詳しく書いていきますね。


三匹の鯉の意味は?

あなたが鯉のぼりを思い浮かべるとすれば「真鯉=父親、緋鯉=母親、青い鯉=子供」の
3匹ですよね?

鯉のぼりは元は3匹ではなかったんです。
  • 江戸時代・・・真鯉(子)
  • 明治・・・真鯉(父)、緋鯉(子)
  • 昭和・・・真鯉(父)、緋鯉(母)、青い鯉(子)
と時代とともに意味は移り変わっていったんです!これは初耳だったんじゃないですか?


5色のヒラヒラのものは?

鯉のぼりの一番上にあるカラフルなイカみたいなものがありますよね。あれはイカではありませんよ!

これは吹き流しと呼ばれるものです。



この吹流しの色は、古代から伝わる中国の「陰陽五行説」から来ています。この名前は、映画や漫画などで聞いたことがある方もいるんじゃないでしょうか。

■陰陽五行説とは?

この世の全ての物は、陰と陽の2つの気と木・火・土・金・水の五行で成り立っていると考える思想のことです。

陰陽五行説で表す色は、それぞれ「青=木、赤=火、黄=土、白=金、黒=水」となります。

この色を五芒星に並べると魔除けの意味があり、子供の無事な成長を祈るという役割があります。



■天球の役割

天球というのは、神様に我が子のことを気づいてもらうためにあるといわれています。



■矢車の役割

矢車は、その名の通り矢がついている風車のようなものです。この矢車は、どこから「魔」が来ても、それを屋で射貫くための意味。

まとめ

鯉のぼりを飾る意味や由来について書いてきました。最後に、今回のポイントをまとめておきますね。
  • 庶民の見栄張りから生まれた
  • 意味は立身出世=すごい勢いで成長
  • 鯉のぼりの1つ1つ意味がある
鯉のぼりは、3匹の鯉だけではなく他の部分にも意味があって、昔の人は縁起物が好きなんだなぁと思いましたよね。

それに由来には、庶民の方の見栄も関係していましたが、やっぱり昔の人も見栄を張るものなんですね。私もよく見栄を張るんですけどね(^^)

今回のことを参考にお子さんに伝えてあげると「親ってすげぇ!」って、尊敬のまなざしで見られるかもしれませんね!




スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする