鯉のぼりはいつからいつまで飾るの?2017年はこの日にしよう!!


「鯉のぼりっていつからいつまで飾るの?」

とこどもの日が近づくと思うことありますよね?



鯉のぼりといえば、こどもの日にお子さんの成長を願ってあげられるものですが、いつからいつまで飾ればいいのか迷ってしまいます。

どうせ飾るなら縁起がいい日や正しい意味がある日がいいですよね。私は子供はいませんが可愛がっている親戚の子がいるので、縁起がいい日に飾ってあげたいと思っています。



ということで今回は、鯉のぼりをいつからいつまで飾るのか?縁起のいい日があるのか?ど、鯉のぼりの飾る期間について書いていますので、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク

鯉のぼりはいつから飾るの?

鯉のぼりをいつから飾るかは一概に決まっていないようです。地域によって違ったりもします。どの日が一番多いのか?といえば5月5日(こどもの日)の一か月前からという意見が多い。

ちなみに100mのジャンボ鯉のぼりは5月初頭のようです。↓


つまり、4月5日前後に鯉のぼりを飾る家が増えてくるんじゃないでしょうか。私が調べたところ、春分の日以降だったら飾ってもいいようです。



でも、春分の日って3月20日なので少し早い気がしませんか?

なので、春分の日以降か4月5日以降の間に鯉のぼりを飾ればいいと思います。ちなみに、この日に飾った方がいいと言われている日があります。

それは大安の日だそうです。



でも大安ってどんな日ののって思いませんか?大安については、次に書いてありますので参考にしてください。


2017年の大安の日


「大安って?カレンダーに書いてるあれ?」

「はい、そうなんでです!」

それが大安というやつです。他にも先勝や仏滅などがありますよね?その中で、鯉のぼりを飾った方がいいのは大安てことなんです。

なぜ大安がいいの?っておもいますよね。

大安というのは、何事にもいい大吉な日で何事も成功する日。さらに、婚礼にもいいといわれる縁起のいい日とされているんですよ。なので、子供のことを祈る鯉のぼりもこの日に飾る家が多いようです。



では、2017年の3月20日~5月5日までの大安の日をまとめておきますね!

■2017年の大安の日3月・・・25日、30日

4月・・・5日、11日、17日、23日、27日

5月・・・3日

何事も成功するといわれる大安の日に飾ってお子様の成長を願ってみるのもいいのではないでしょうか。


天気がいい日が一番!

やっぱり、鯉のぼりを飾るのは天気がいい日が一番

特に注意してほしいのが、飾る前後のの天気です。飾る日に天気が良くないと準備する人も気持ちよく作業できるし、鯉のぼりがよく泳いでくれます。

あと風が強すぎず弱すぎずというのもポイントの一つですね。



では、飾った鯉のぼりをいつまで飾るのかということについて見ていきましょう。



スポンサーリンク

鯉のぼりはいつまで出すの?


鯉のぼりをいつまで飾るのがいいのか?というのはこれと言って決まりがないんです。なので端午の節句が過ぎたら、出来れば5月中には片づけておきたいものですね。

一般的には、ゴールデンウィークが終わったらしまう家が多いです。雛人形みたいに片づけが遅いからと言って婚期が遅れるということもありませんよ。

でも、片づけるのもやはり大安の日にしたほうがいいかもしれませんね。



では、端午の節句以降の大安の日をまとめておきますね。

■2017年5月の大安

5月・・・9日、15日、21日、26日

鯉のぼりをしまう日も縁起は良い大安にしてみましょう。それと、片づけるときも天気がいい日にしておきましょう。湿度が低い日が特におすすめです!



鯉のぼりを飾る日は関東と関西では少し飾る期間が違うようですよ。


鯉のぼりを飾る期間は関西と関東で違う?

鯉のぼりを飾るのは関西と関東では違うって知ってますか?

関西・・・ひな祭りの終わった4月3日~6月5日

関東・・・春分の日~5月5日

※長野の一部でも6月まで飾っているようです

関西で1か月遅れているのは旧暦の日でお祝いしているからです。今もひな祭りを4月3日にしているところもあるみたいです。



次は、鯉のぼりを片付けるときのポイントをお伝えしますね。


鯉のぼりの片づけのポイント


鯉のぼりを片付けるときは来年の子供の日にすぐに使えるようにしてもいたほうがいいですよね。なので、鯉のぼりを外したらすぐに洗うようにしましょう。

家庭でも簡単に洗えます。



では、さっそく洗う手順を見ていきます。

■鯉のぼりを洗う手順
  1. 浴槽にぬるま湯を溜めて台所用洗剤を溶かす
  2. 鯉のぼりを浴槽に入れて1時間程度付ける
  3. 汚れている所を軽くもむ(強くもんでしまうと金箔が取れる)
  4. ためていたぬるま湯を捨てて、浴槽に水を溜めて洗剤を取る
  5. 最後に洗剤を水道水で完璧に落とす
  6. そして、初めは軽く絞り徐々に強く
  7. 天気のいい日に干す(太陽に当てないように影が好ましい)
  8. しまうときは防腐剤と乾燥剤を一緒に入れる
※アイロンや乾燥機を使わない熱に弱い素材が多いため。

※漂白剤やクリーニングには出さない(変色や傷み)

鯉のぼりをしっかり乾かさないとカビや変色する危険性があるので、しっかり乾かすようにしましょう。


傷んでいるの物は?

鯉のぼりが傷んでいたときはどうすればいいのでしょうか?

まず、鯉のぼりの寿命も見ておきましょう。
  • ナイロン・・・3年ほど
  • ポリエステル・・・8年ほど
寿命はこのようになっています。



もし傷んでいるところがあれば、購入したメーカーに問い合わせるのが一番です。高級品の鯉のぼりであれば修理してくれるところもありますよ。

それに、パーツを個別購入も可能なショップもあるので家でも出来るので、こういう作業が好きなお父さんだったら、お子さんと一緒にすると楽しいと思いますよ♪



■鯉のぼりの処分

鯉のぼりの処分の仕方については下の記事に書いているので、もし修理が不可能な場合は参考にしてくださいね♪

こちら⇒鯉のぼりって何歳まで飾るの?飾らなくなった時の処分法はコレッ


まとめ

鯉のぼりをいつからいつまで飾るのかについてお伝えしてきました。最後に今回のポイントをまとめておきますね。
  • 飾るののとしまう大安の日がオススメ!
  • 天気がいい日に飾る、しまう
  • 関西と関東では期間が違う
  • 来年の時のためにきちんと洗う
こどもの日に縁起良く飾れるように、今回の記事を参考に鯉のぼりの飾る期間や飾る日を決めてお子さんを祝えるようにしておきましょう。

私も早く自分の子供のために飾ってみたいです。まぁ、親戚の子もかわいいんですけどね!(笑)


スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする