こどもの日の食べ物!ちまきと柏餅を食べる意味をカンタン解説!!


「こどもの日にどうしてちまきや柏餅を食べるの?」

と子供の聞かれてもちゃんとした答えを知っている人は少ないでしょう。私も親戚の子供に聞かれて「うまいからやで!」と答えてしまったんです。

やっぱり伝統的なことだし、子供の聞かれたときにもきちんとした説明をしたい!と思い調べてきました。

すると、結構知らなかったことがあって驚きでしたよ。



今回は、こどもの日に、ちまきや柏餅を食べる意味や由来についてわかりやすくまとめました。お子さんに聞かれた時に、ちゃんと教えられるように一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

こどもの日とちまきの関係


こどもの日、つまり端午の節句にちまきを食べるようになったのは、2300年ほど前の中国で国民にすごく愛されていた偉人が関係しているようです。

では、さっそく見ていきましょう。

■ちまきを食べる由来

その偉人とは屈原(くつげん)という人物。この屈原は国王の側近で、すごく働き者で正義感が強かったといわれる人物だったんです。

しかし、何者かの陰謀によって側近という地位から失脚させられ、国を追われるということに。

失脚させられたことや国の未来に失望し、心を痛めた屈原は5月5日に汨羅(べきら)という川に石を抱いて、身投げしてしまします。

屈原の死を悲しんだ国民が、川の魚が亡骸を食べてしまわないように、太鼓の音で魚をびっくりさせたり、笹で米を包んで五色(赤、青、黄、白、黒)の糸で縛って投げるようになった。



このことから中国では、5月5日つまり端午の節句に厄払いのために、ちまきを食べるようになったということです。

※五色の糸が厄払いのため、こいのぼりの一番上の吹き流しになったという説。

つまり、ちまきは厄除けのために食べるということのようです。



ちまきが日本に伝わったのは平安時代と言われています。

その頃は、政治の中心が関西っだたこともあり、中国から伝わるものは先に関西で広がります。その伝統が今でも続いているということでしょう。

なので、関西ではこどもの日に食べるものはちまきが主流のようですね。

ちなみに、私が通っていた大阪の小学校では、ちまきは給食に出ていたので親しみのある和菓子という印象なんですよ!



次は、柏餅がこどもの日に食べられるようになったのはなぜなのか?について見ていきましょう。

スポンサーリンク

柏餅をこどもの日に食べる意味と由来


ちまきは中国から伝わったものでしたが、柏餅に関しては日本独自の文化のようです。ここから少し日本史のような話になります。

先ほどお伝えしたように昔は関西が政治の中心でした。時代が進むにつれ、貴族より武士が力を持つようになって、政治の中心は関東の江戸に移りましたよね?

このことから、関東では武士の習慣が庶民に広まったと考えられますね。



武家では家系が途絶えるなんてもってのほかです。

そこで、柏の木は新しい葉が生えてくるまで古い葉が落ちないことから、後継ぎが生まれるまで当主が死なないという意味で食べられるようになった。

つまり家系が途絶えない=子孫繁栄という意味で今でも食べられています。



古くから柏には神様が宿るといわれているので、このことも一つの理由と言えますね。

■柏餅の葉について

柏餅に巻いてある葉が柏の木以外もあるってことご存知ですか?

実は、これは地域によって違うんですよ!他にも、葉の表裏にも意味があったり、柏餅って結構奥深いものなんですよ。

柏餅の葉に関して詳しく書いてますので、興味がある方はぜひ以下のページを参考にしてください!

柏餅の葉っぱって食べるの?大人なら知っておきたい一般常識!!

ここまでちまきと柏餅について書いてきましたが、全国ではほかに食べるものはあるのか?気になったので調べてきました!

では、全国ではどういったものが食べられているのか見ていきましょう。


全国でどちらが食べられてるの?


端午の節句に食べられるものは全国にはいろいろありました。もし「こどもの日って何食べる?」という質問をすれば、どこ出身かわかってしまうこともあるようです。



今回、調べて分かったのは以下の地域です。

■全国のこどもの日

北日本のべこ餅

べこもちというほんのり甘い黒と白のお餅。地域によって形が違う場合もあります。



山形と島根の笹巻

笹巻(ささまき)もち米を笹の葉でくるんで茹でたもので、白と黄色の種類があるようです。黒蜜やきなこで食べるもの。



北アルプス周辺の朴葉巻(ほおばまき)

朴葉巻は朴の葉でくるんで蒸し上げたもの。朴の葉は殺菌効果があるようなので日持ちがするのかな?



徳島県の麦団子

徳島県にある脇町では麦だんごを食べるようです。麦だんごは山帰来の葉でくるまれた麦粉のお団子で、子供の成長をお願いする。



北九州の鯉生菓子

佐賀県と長崎県の端午の節句では鯉生菓子が欠かせないんです。初節句のお返しでも定番。

鯉生菓子は、お餅などに寒天できれいに飾り付け、鯉の形に仕上げた和菓子です。



九州のあくまき

「鹿児島県・宮崎県・熊本県南部」の三県でちまきといえば、あくまきなんです。私たちが知っているちまきとは違います。

あくまきとは、その名の通り灰汁に漬けたもち米を灰汁に漬けた孟宗竹の皮で包み、また灰汁で数時間ほど煮込んだものです。

このプルプルしたお餅にきな粉をつけて食べると、とってもおいしいそうです。九州に行ったら食べたいですね!



宮崎県の鯨ようかん

鯨のように大きく、力強くという願いが込められていています。この鯨ようかんは、日もちしないため「幻のお菓子」っていわれているんです。

幻のお菓子と言われるほどなので、味はめちゃくちゃうまいんでしょうか。いつか食べてみたいお菓子の1つですね♪

全国では、様々なお菓子がこどもの日に食べられているんですね。調べているうち、よだれが出てくるくらいおいしそうでしたよ。

ネットで取り寄せてみてもいいかもしれないですね。


まとめ

今回は、こどもの日にちまきと柏餅を食べる意味や由来について書いてきました。最後に、ポイントをまとめているのでおさらいしておきましょう。
  • ちまきは中国から伝わった
  • 柏餅は日本独自の文化
  • ちまきは厄除けや難を避ける
  • 柏餅は子孫繁栄
  • 関東=柏餅、関西=ちまき
  • 全国では柏餅やちまき以外もある
こどもの日に食べるちまきと柏餅には、ちゃんと意味があって由来もありましたよね。これで、お子さんに聞かれたときもきちんと説明できるんじゃないでしょうか?

こどもの日には、ほかにも飾るものがあったりして大変ですが、子供のために頑張っていきましょう!

私は親戚のこのためですが...(笑)



【こどもの日のおすすめ記事】

鯉のぼりはいつからいつまで飾るの?2017年はこの日にしよう!!



【一緒に読みたい雑学記事】

【桜餅の葉】食べるの?食べないの?あなたの常識合ってますか?

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする