スタバのサイズの読み方と容量!アメリカの店舗にあるサイズは別格!?


「スタバのサイズの読み方がわからない!」

と思ったことはありませんか?



私も初めてスターバックスに行ったときに「コーヒーのT(ティー)ください」と言ったら、店員さんに「トールですね!」と言われて、恥ずかしい思いをしたことがあります。

んー、これは今思い出しても恥ずかしい...



この経験から、

「もうこんな恥ずかしい思いはしない!」

と心に決め。

家に帰りしだいスタバのサイズはすぐ暗記しました。まぁ、暗記と言ってもスタバのドリンクのサイズは4つなんですが。



今回は、そのスタバのサイズに関して以下のことをまとめました。

  • スタバのサイズの読み方
  • そもそも何語なのか?
  • サイズ別の容量と価格


いろいろ役に立つ情報もあるので、チェックして楽しいスタバライフのお役にたたていただければと思います。

では初めに、サイズの読み方とそもそも何語のなのか?について一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク

スタバのサイズの読み方は何語?


結論から言うとイタリア語と英語なんです!

私はスタバってアメリカから着たイメージだったので、イタリア語が入っているのが驚きでした。これは後にも書きますがイタリア語と英語が混じっているのには、スタバのCEO(最高経営責任者)が関係しています。



さて、どれがイタリア語でどれが英語なのかというと

■英語
  • ショート(Short)
  • トール(Tall)


■イタリア語
  • グランデ(Grande)
  • ベンティ(Venti)
グランデ(Grande)の意味は「大きい」

ベンティ(Venti)の意味は「20」

でも、なんでイタリア語と英語が使われているのかということですよね?

これは、スターバックスのCEOハワード・シュルツという人物が関係しています。彼がイタリアに視察に行っていたとき、イタリア流にとても影響をうけたことに敬意を示し、グランデ(Grande)とベンティ(Venti)が追加されたといわれています。
では、スタバサイズの読み方がわかったところで、どのサイズがどのくらいの容量と価格なのか?について一緒に見ていってください!


スタバのサイズの容量と価格をチェック!

スタバのホットのドリップコーヒーのサイズそれぞれの量や価格は次の通り。


  ショート(Short) トール(Tall) グランデ(Grande) ベンティ(Venti)
容量(ml) 240ml 350ml 470ml 590ml
価格(円) 280円 320円 360円 400円


でも、○○mlと言われてもイメージしにくいですよね?

身近にあるものでたとえるなら自販機などで売っている細い缶コーヒー=ショート太めの缶コーヒー=トールと同じと考えるとわかりやすいのではないでしょうか。



スタバで売られているタンブラーのサイズと容量は同じです。ちなみに、コーヒーはスタバとタリーズの量は一緒のみたいですよ。

このサイズの中で、一番お得なのはやはりベンティ(Venti)です。

ショート(Short)と比べて量は2倍なのに金額はさほど変わらない。でも、ペットボトルのジュースより量が多いので飲めるのか?という心配もありますけどね。

スポンサーリンク


でも、実はアメリカのスターバックスには違うサイズが存在するんですよ!さすがアメリカ!サイズが桁違いに大きいというのにびっくりすると思いますよ!

では、アメリカのスタバサイズをごらんあれ~♪


アメリカのスタバはサイズが違う!?

さて、アメリカンサイズとはよく聞くけどさすがにコーヒーはそれほど量が無いんじゃ?と思ったら大間違いです。



なんと!その量は「916ml」!!!!

名前はトレンタ(Trenta)というそうです。

でも見てみないとどれほどの大きさなのかイメージしづらいですよね。ユーチューブで動画を発見したので見てください。



結構でかいので驚くと思いますよ!





どうでしたか?

この動画ではほかのサイズと比べてくれているのでその圧倒的なサイズに驚いたことでしょう。私もん間では見たことはありませんがこの動画「マジかよ・・・」ってなりましたからね。

それにしてもトレンタの量が1リットル近くあるって、アメリカの人はコーヒーをどんだけ飲むんでしょうか。コーヒーが大好きな人なら余裕なのかな?(笑)

いつかはチャレンジしてみたいですね!!!


まとめ

ここまでスタバのサイズの読み方などを見てきました。最後に、今回の内容を簡単にまとめたので一緒におさらいしていきましょう!
  • short (ショート)「240ml、280円」
  • Tall (トール)「350ml、320円」
  • Grande(グランデ)「470ml、360円」
  • Venti(ベンティ)「590ml、400円」
  • アメリカにはトレンタという916mlのサイズもある。
  • サイズは英語とイタリア語が使われている。


ここまで見てきましたがいかがでしたか?

今までサイズの読み方や容量を知らなかった方に、ためになる内容をまとめたつもりなので何かのお役に立てていれば安心です!

あと、これを書いていて一番驚いたのは、アメリカではめちゃくちゃデカいサイズのTrenta(トレンタ)があって、その量は約1リットルあるというのが本当に衝撃でした。

一度、アメリカに行ったときは頼んでみると会話のネタにできますよ!でも、温かいうちに飲み干すのは無理そうですね。



では、この記事を参考にスタバに行ったときはスタバのサイズを指でさすのはやめて「トールください!」と言ってやりましょう。



さて、今回はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

【一緒にチェックしたい記事】

尿がコーヒー臭い!これって腎臓に問題があるの?

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする