スタバの頼み方の順番!誰でもすぐに出来ちゃう簡単3ステップ!!


スターバックスといえば、若者のからめちゃくちゃ人気があるコーヒーショップですよね。でも、スタバは初めて入るときに少し緊張してしまいませんか?

実は、私も以前までは一人では入れないという状態でした。なんか店内にいる方って意識高い系という人が多い気がするんですよ。



なので私がスタバに入ると

「あいつがスタバ入ってるよ!(笑)」

と思われているのではないか?と自意識が働いていたんです。



そんな私も友達と何度か入っていきうちに慣れてしまって、今では一人でも普通に入ることができるようになりました。

慣れればなんてことのないものですが、初めては勇気がいる事ですよね。



スタバでの頼み方がわからない!という方が少しづつ慣れるためのお手伝いをしたいと思い今回は、スタバの注文の仕方を簡単にまとめました。

これからスタバを楽しむために一緒に見ていきましょう。


スポンサーリンク

スタバ攻略の3ステップ!


スタバの頼み方はわかりづらいところも多いので基本的なことを3つのステップで紹介していきますね。
  1. まずは商品を知ろう!
  2. お持ち帰りか店内か?
  3. 実際、注文してみる!
の順番に1つ1つ見ていきましょう。


STEP1:まずは商品を知ろう!

まずは、どのようなメニューがあるのかを知らないといけません。あらかじめ何をを頼めばいいのかを決めておくとスピーディーに頼むことができます。

こちらの公式サイトで何があるのか見ておくといいですよ。

スターバックスのメニュー



それとスタバといえば、サイズが他ののお店とは読み方が違うので知っておかないと「Tってどのくらい?」となってしまうのでサイズに関してもチェックしておきましょう。



スタバのサイズは
  • short(ショート)
  • tall(トール)
  • grande(グランデ)
  • venti(ベンティ)
と普段殻親しみのある「S、M、L」とちがいます。ですから、スタバでは上のようなサイズとなっているので気を付けてくださいね。

量的には「S=ショート、M=トール…」と思って大丈夫いです。

あと、私の経験からですが頼むときは「T(ティー)やS(エス)ではなくショートやトール」と言わないとちょっと恥ずかしいので改めてご注意を!!



これは私が初めて頼んだ時のことです...

ホットコーヒーT(ティー)ください!


店員
ホットコーヒーのトールですね


はい。(これって、トールって言うんだ…)


とちょっと恥ずかしいことになった経験があります。なので、サイズの読み方はしっかり覚えておくか店に入る前に確認しておくようにしましょう。



以下の記事にはスタバのサイズに関して詳しく紹介しているのでこちらも参考にしてくださいね♪


さて、これで頼む商品とサイズについてはこれで一通りはOKです。

では、次のSTEPのお持ち帰りなのか?店内なのか?の注意点などを一緒に見ていくとしましょう!


STEP2:お持ち帰りか店内か?


スタバには、知っての通りお持ち帰りか?店内か?選ぶことができます。この時気を付けておかないといけないポイントがあります。

それは店内は時間や店舗の場所によっては満席という場合。

スタバは人気店だけあって、どこも席が埋まっていることが多いので席の確保が重要になってきます。なので、あらかじめ空いている席の確認と確保しておかないといけません。

店内が良いのに満席だったらお持ち帰りしか選択肢がなくなりますからね。



あと、お持ち帰りの際は「袋をください!」と言ったほうがいいと思いますよ。その理由は、ホットの飲み物の時はこぼれやすいからです。

歩いているときに「あっちぃ~」てなったら恥ずかしいですもんね(^^)
スポンサーリンク


これで、スタバで注文する準備ができました。

では、最後のSTEP実際どんな感じで注文すればいいのか?頼み方の流れを一緒に見ていきましょう。


STEP3:実際、注文してみる!


ここまで商品とサイズ、お持ち帰りか店内かを決めてきました。ここまでくればあとは頼むだけです。

では、店員さんに何を伝えればいいのかを会話形式で見ていきましょう。



注文内容は
  • コーヒーのショート
  • ホット
とした場合で進めていきますね。

自分で頼む際は注文したい商品とサイズなどを入れ替えるだけなので、頭の中でイメージしながら読み進めてください!

店員
ご注文はお決まりでしょうか?


ここで自分が決めたメニューとサイズを言います。

コーヒーのショートで


このときアイスか?ほっとか伝えてもいいですよ。

店員
ホットですか?アイスですか?


ホットでお願いします。あと袋に入れてください!


店員
かしこまりました。


このように注文は「お持ち帰りor店内」⇒「商品+サイズ」⇒「ホットorアイス」⇒お金!の流れで大丈夫。別にお持ち帰りとかは言わなくてもいいですよ。



この時「あれ?砂糖とミルクは?」となってしまうことがあります。

しかし、スタバでは砂糖などはセルフサービスとなっています。受け取り口の近くにコンディメントバーという所に無料で置いているので、必要な場合はとるようにしましょう。

■コンディメントバー
  1. ミルク
  2. 無脂肪乳
  3. グラニュー糖
  4. コーヒーシュガー
  5. ダイエットシュガー
  6. ココアパウダー
  7. シナモンパウダー
  8. バニラパウダー
  9. はちみつ
など様々なトッピングがあります。

お店によって少し違いはあるようですが、無料でこんなにあるってスタバってホント太っ腹ですね!このコンディメントバーで自分なりのトッピングをするのも楽しみの一つ。

これで、スタバの基本的な頼み方は以上です。

スポンサーリンク


ここまでスタバの基本的な頼み方を見てきました。あくまで基本的な流れの紹介だったのでトッピングなどは省いているので、あとから覚えていくほうが良いと思いますよ。

さて、これで最後になりますがここまでの内容をまとめているので、おさらいがてら復習していきましょう!


まとめ

スタバでの頼み方のポイントは
  1. あらかじめ商品とサイズを決める
  2. サイズの読みを知っておく
  3. 店内の時は席を確保!
  4. ホットのお持ち帰りは袋を!
  5. 店内orお持ち帰り⇒商品+サイズ⇒ホットorアイス⇒お金
  6. 砂糖などはコンディメントバーからとる
今回は、カスタマイズには触れていません。この記事は初めてスタバに行く人に向けたことを書いているという理由です。

この記事を参考にしてスタバの初級を突破できることを私は願っています。

スタバにはもっといろいろな楽しみ方があるので、自分なりのカスタマイズを完成させることを目標にスタバを攻略していきましょう♪

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする