桜の花言葉は私を忘れないで?5分でわかる花言葉!!


日本人が愛してやまない花といえば、何を思い浮かべますか?私がすぐに思い浮かべるのはやっぱりです。海外からも日本の桜を見に来る人も多いですよね。

実は、この桜にも花言葉があるみたいです。

噂によると「私を忘れないで」が桜の花言葉というのを聞いたんですが、果たしてそれは本当なのでしょうか。



今回は、その桜の花言葉を桜の種類ごとに書いていきますね。お花見をしているとき、桜の花言葉について話して見るのも良いものかもしれませんね!



まずは、桜の花言葉が私を忘れないでというのは本当なのかについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

桜の花言葉は私を忘れないで?


では、桜の花言葉が私を忘れないでというのは本当なのかということです。これは、本当のようです。しかし、これは日本の花言葉ではなくて外国の花言葉みたいです。

これはフランスの花言葉で「Ne m’oubliez pas(私を忘れないで)」。フランスでは桜のはかなさからこのように表しているみたいです。

なんだか切ない花言葉ですね。



では、日本で桜はどのような花言葉になっているのか見てみましょう。


桜の花言葉は種類で違う!


桜全体としての花言葉は「優美・精神の美・淡泊」て意味なんです。

桜は満開に咲いた時はキレイで華やかですが、その咲いている時間は短くてすぐに散ってしまいますよね。桜が咲くところから散るところまで、この花言葉で表しているのかもしれませんね。



桜には様々な品種がありますよね。この品種ごとに花言葉が違ったりするのも桜の面白いところです。

桜の品種といえば
  • 染井吉野(ソメイヨシノ)
  • 枝垂桜(シダレザクラ)
  • 八重桜(ヤエザクラ)
  • 山桜(ヤマザクラ)


この4つの品種が代表的な桜と言われていますよね。この品種ごとの花言葉について1つ1つ見ていきましょう。

スポンサーリンク

染井吉野(ソメイヨシノ)


ソメイヨシノは、日本で最もポピュラーな桜の品種ですよね。全国の桜の80%くらいはこの品種という驚きのシェア。



ソメイヨシノの花言葉は
  • 純潔
  • 優れた美人


この花言葉を聞くときれいな女性を連想してしまいますね。実は、TVなどで桜が開花したというのはソメイヨシノのことを指しているようです。


枝垂桜(シダレザクラ)


シダレザクラといえば桜の枝が垂れ下がっているのが特徴ですよね。私はシダレザクラが一番好きなんですが、近くにないのが残念です…



そんなお気に入りのシダレザクラの花言葉は
  • 優美
  • ごまかし


シダレザクラは3月後半~4月かけてが開花時期のようです。


八重桜(ヤエザクラ)


八重桜は花びらがいくつも重なって咲く八重咲き(やえざき)が特徴ですよね。ヤエザクラは自然というよりかは人里に咲くことが多いので里桜とも言われるようです。



このヤエザクラの花言葉は
  • しとやか
  • 善良な教育
  • 豊かな教育


私が住む関西では「桜の通り抜け」で有名な造幣局に植えてあるヤエザクラが花見の名所になっています。ソメイヨシノやヤマザクラより開花が1~2週間遅いのも特徴です。


山桜(ヤマザクラ)


ヤマザクラといえば野生桜として有名ですよね。

野生桜=ヤマザクラとして言われることも多いこのヤマザクラは、近くに同じものが植えていても、開花時期がバラバラなので長く楽しめるのでいいですよね♪



このヤマザクラの花言葉は
  • 美麗
  • あなたに微笑む
  • 高尚


ヤマザクラの開花する時期は4月上旬からっとなっています。


おわりに

桜の花言葉が私を忘れないでというのはある意味本当でしたよね。フランスと日本では違う意味なんですが、どちらの国も女性をイメージした花言葉。

でも、花言葉ってそういうものかもしれませんが(笑)

それと、桜の品種ごとにも花言葉がありましたよね。その品種ごとの特徴をうまくとらえて考えられているんだなぁと関心です。



お花見をする際には今回の桜の花言葉の話をして、いつもと違う花見を感じてみるのもいいですね。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする