シュールの意味と使い方!1週間調べに調べて行きついた答え!!


「昨日のドラマシュールだったね!」

など会話の中で「シュール」と聞いたことはありませんか?

しかし、どういう意味なの?と聞かれると答えられる方は少ないと思います。私もこの一週間、徹底的に調べるまでちゃんとした意味を知りませんでした。



だって、辞書を引いても超現実主義という難解な単語しか出てこないんですよ!!でも、色々この一週間調べた結果やっと自分なのかで納得できる答えが出ました。



なので、自分の復習もかねてシュールの意味や使い方についてできるだけ簡単にまとめてみました。

シュールの意味がよくわからない!という方は一緒に見ていきましょう。


スポンサーリンク

シュールの意味とは?

まず知っておいていただきたいのは、シュールという言葉はフランス語の「シュールレアリスム」の略語ということです。


この「シュールレアリスム」という言葉を日本語に直すと超現実主義になります。この超現実主義とは現実主義ではなく、逆に現実ではありえないという意味です。

その現実ではありえないものを描いた、芸術品の形態のことなどをシュールレアリスムといういます。

「現実ではありえないもの」と言われてもわかりづらいですよね。



簡単に言えば
  • 現実離れした
  • 非現実的
  • 非日常
  • 現実的過ぎて逆に不自然
という感じです。



もう少し噛み砕いて言うと「目の前で起きている出来事が、それが非日常的なこと。」ということ。

■シュールの例

「ドアを開けたらそのままドアが外れてしまった。」

「マンションの屋上にバイクが引っかかっている。」

「部屋のカベにもたれたらカベが外れて隣の部屋に...」

上で挙げたようなものがシュールなものです。

つまり、シュール=ありそうでないこと、「もしも」のことが現実に起こった。ありえそうだけどあり得ないこともシュール。

あと、芸術的過ぎて理解できないものをシュールということもあります。これはレベルが高くてよくわからないもののことです。



でも、シュールな笑いというのは、非日常が設定のコントや現実では起きないであろうことを漫才で表現するものです。

漫才で言えば、M-1で笑い飯がやった「鳥人」が私の中ではシュールだなと思います。

スポンサーリンク


では、具体的にどういった風に会話でシュールを使えばいいのかについて見ていきましょう。

使い方を理解知れば、意味に関してもよりイメージできますよ!


シュールの使い方

先ほどシュールの正しい意味について見てきました。でも、使い方には少し癖があるものが結構多いです。

基本的な使い方はシュールな○○、○○ってシュールです。

では、具体的な使い方をいくつかの意味に分けて紹介していきますね。


非現実的・非日常の場合

A さん
昨日、ワニを散歩させている人がいたんだ!

B さん
マジで!それはシュールだね。


このように日常ではワニを散歩させている人がいるのはありえないことです。しかし、ないとは言い切れないですよね?

つまり、非日常の出来事が起きていてシュールと使っているんです。


芸術的過ぎて理解できないもの場合

A さん
ソフトボールって硬いよね?


B さん
何そのシュールな質問。


ソフトボールのソフトは柔らかいという意味なのに実際のソフトボールは硬いというちょっと考えないといけないことのことです。

芸術的過ぎるといえば大袈裟ですが、このような時にもシュールと使うことが多いです。



最近、話題のこの動画もあまり理解できないけどなんだかおもしろいシュールなものです↓




シュールといえば?

シュールの意味や使い方をイメージ出来たところで、世間ではどのようなものがシュールと言われているでしょうか。
  • 絵画
  • お笑い芸人
この2つを順番に見ていきたいと思います。

まずは、シュールはもともと芸術から来ているほどなので絵画から見ていきましょう。


シュールな絵画といえば

絵画の中でシュールといえば?

ダリの記憶の固執(きおくのこしゅう)が有名なんです。ダリはわかるけど絵の名前を聞いてもピンときませんよね?

溶けた時計が描かれている絵画と言われればわかるんじゃないでしょうか。


どんな絵かわからないという方はこちら↓

《記憶の固執》サルバドール・ダリ|MUSEY[ミュージー]

他にも


  • ルネ・マグリット
  • ジョルジョ・デ・キリコ
  • エドガー・エンデ
  • ポール・デルヴォ
など、様々な画家の絵がシュールだといわれています。

私は絵画に関してあまり知りませんが絵を調べてみると「ホンマにシュールや!」となりました。

興味がわいたらぜひ調べてください。


シュールなお笑い芸人といえば

お笑いでもシュールな芸風と言われる方々が存在しますよね。あなたはどんな人を思い浮かべますか?

私の中で「一番シュールだな~」と思うのは板尾創路さん。私が生まれも育ちも関西ということで関西のベテランをあげました(笑)

関東ではバカリズムさんやおぎやはぎさんなどがよくシュールだなと言われていますね。


まとめ

シュールについて見てきましたよね。最後にまとめているので、大切なポイントをおさらいしていきましょう。
  • シュール=非現実的、非日常など
  • シュールな○○、○○ってシュールと使う
  • ダリの記憶の固執がシュールな絵として有名
シュールは意味が難しくてわかりづらいものでしたね。私なりにわかりやすく書いたつもりでしたがやはりわかりづらくなっていたかな?と思います。

でも、何となくでも意味や使い方がつかめた方がいれば嬉しいので、これから定期的に記事をよりわかりやすくしていきたいと思ってるところです。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする