テッパン「鉄板」の意味はこれ!由来は昭和のギャンブラー!?


「鉄板と聞けばどんなことを思い浮かべますか?」

私の頭にすぐ浮かぶとすれば下の3つです。

  • 鉄板ギャグ
  • 鉄板ソング
  • 鉄板メニュー


など鉄板○○という言葉が数多くありますよね。ギャンブルをする人やお笑い芸人の方がよく使っているのをよく見かけます。

この鉄板の意味って何となく分かっているけど、いざ「鉄板ってどういう意味?」と聞かれると説明できない。

私は最近これと同じ状況になり「・・・」となってしまいました。

意味も知らないのに使っている自分が恥ずかしくなったので、ちゃんとした意味調べることに!



今回は、そこで調べた内容をわかりやすく紹介したいと思います。

これを見て鉄板の意味や由来についてしっかり理解して、急に聞かれた時のために説明できるようになりましょう。


スポンサーリンク

鉄板の意味は?

まずは、鉄板の意味について見ていきましょう。


鉄板の意味は「間違いない、確実、定番」という意味でよく使われます。

鉄板ネタ=ウケること間違いないネタという意味。つまりこのネタをするとスベることはないということ。

鉄板ソング=定番の歌(ソング)という意味。鉄板メニューもこれと同じで定番のメニューという意味ですよ。

鉄板って言葉の意味ってめちゃくちゃ簡単な意味ですよね~



これでもう意味はわかりましたよね。

次は鉄板を会話の中で、どう使っていくのかを会話形式で紹介しているので一緒に見ていきましょう。

鉄板はこういう使い方

鉄板は間違いない、確実、定番という意味でしたよね。これをどう会話の中で使っていくのか?これもまた重要です。



基本的に先ほど上げた意味のところで使えば間違いないんですが「ここで使うか?」というところで使う人もいなくないんです。

もしかしたら、あなたの使い方も間違っているかも知れませんよ!

間違えて友達に「?」とさせないためにきちんとした使い方を見ていきましょう。



■友達との会話

かずき
この前○○ちゃんとデートしたんだって?

たくや
おぉ、でも何で知ってんの?

かずき
情報源は言えないな~、そんなことよりどこ行ったの?

たくや
映画とちょっとお買い物したよ!

かずき
おいおい、鉄板のデートコースだな(笑)

たくや
確かに鉄板だな!


これはデートコースが定番の映画だったので定番=鉄板というように使ったものです。

もう一つ例をあげておきますね。



■飲食店での会話

たくや
この店やっと予約とれたんだ

かすき
人気ある店だってテレビでもやってたしな~

たくや
さぁて何食べようかなぁ~

かずき
ハンバーグが一番人気って書いてるよ!

たくや
ハンバーグが鉄板メニューというわけか!

かずき
ハンバーグだけに鉄板というわけか(笑)

A さん
おぉ、そうだな...


この会話では、めったに予約が取れない店に行った二人が人気メニューのハンバーグのことを鉄板メニューと言っていますよ。

これは、人気メニューのハンバーグを間違いなくうまいという意味で鉄板メニューと使っています。



ここまでで、鉄板をどう会話で使っていくかイメージ出来てきたのではないでしょうか?



使い方を間違えないために間違った使い方の例を挙げておきますね。

スポンサーリンク

間違った使い方

間違った使い方を知っているだけで間違えることが少なくなりますよ!



■パチンコでの会話

おっちゃん
兄ちゃん当たってる~?

兄ちゃん
なんでだ?全然ですわ!


おっちゃん
そうか~


兄ちゃん
おぉ!おっちゃんその演出って鉄板のやつやん!


おっちゃん
えぇ!ホンマか!


兄ちゃん
確か、当たる確率5%やったで!


おっちゃん
それ鉄板やないやんけ!


とこのように当たる確率が5%なのに鉄板といているのは間違いですよね!この間違いは確かにツッコミたくなります。

正しく使うなら当たる確率が90%の時に「これ鉄板やん」と使うのが正解です。



間違った使い方はこんな感じです。



次は、鉄板という言葉がどのように生まれて、なぜみんなが使う言葉になっているのか由来について見ていきましょう。

鉄板の由来はギャンブル用語!

鉄板はギャンブルの時に使われることも多いですよね。

これってなぜだかわかりますか?



実は、鉄板の由来がギャンブルから来ているからですよ!



■鉄板の由来~こうして生まれた~

競馬などのギャンブルの中で「このレースは手堅い」と言われていたもの。

これが、堅い→硬いになって、鉄板がとても硬いことから手堅いものを鉄板というようになったといわれています。

[鉄板(硬い)→堅い→手堅い→確実→間違いない]ということです。

これが鉄板の由来です。



実は、この言葉が使われ始めたとされるのは昭和の中期ごろと言われています。最近は、若門言葉と思っている方も多いようですが違うんですよね。




ギャンブルをしない人でも使う言葉になったのは、やはりお笑い芸人が「鉄板ギャグ、鉄板ネタ」という言葉を使ったからなんでしょう。

さすが!テレビの影響力は計り知れないですね。


まとめ

今回のポイントをまとめておきます。
  • 間違いない、確実、定番
  • 使い方は鉄板メニュー=定番のメニュー
  • 手堅いレースがのちに鉄板となった
  • ギャンブル以外で浸透したのはお笑い芸人から


鉄板とよくテレビで見かけていたんですがこれってギャンブル用語だったんですね。昔だったら「鉄板」と口にすれば、ギャンブラーに見られていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする