ガチ勢の「ガチ」の意味とは?一般的な使い方は主に3つらしい!!


「ガチ勢ってよく聞くけどガチってどういう意味?」

とお悩みではありませんか?



ガチと言えばお笑い芸人の出川哲郎さんが良く口にする「リアルガチ」が有名。これだけじゃなくてガチ勢という言葉を聞く人も多いんじゃないでしょうか?

私も学生時代みんなでゲームしている時に、

「○○はガチ勢やな~」

ってよく聞きました。

これってはじめて聞いたときにはどうゆう意味?と思うんですよね。

でも、自分だけ意味がわからないとちょっと恥ずかしいから聞けなかったりするんです。私も知らなかったときは自分で調べましたからね。



というわけで今回は、ガチとガチ勢の意味会話の中での使い方、そしてガチの語源などについてまとめていきたいと思います。

ガチの意味をちゃんと知っておきたいと言う方は一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク

ガチ勢の「ガチ」の意味とは?

ガチ勢 ゲーム
ガチという言葉を使ったことがある方は結構多いでしょう。でも、ガチの意味って深く考えたことがないという方も多いはずです。

そんなガチの意味は以下のようになります。

■ガチの意味はこれ!

ガチという言葉は元々ガチンコという言葉の略。ガチンコの意味は真剣勝負という意味で使われる言葉です。

でも、最近ではガチの意味は「本当に」「真剣に」「マジで」という意味で使われることが多くなっています。

元々ガチンコの略だって知らなかったのではないですか?

でも、使うとすれば最近の使い方の「本当に」「真剣に」などの意味として使われていることが多いですよね。



例えば...
  • ガチ恋=真剣な恋、本気な恋
  • ガチ勢=本気な軍勢
  • ガチで面白い=本当に面白い
  • リアルガチ=本当にマジ
ガチ勢はよくゲームをしている人が使っている言葉ですよね。これはゲームにめちゃくちゃ真剣に取り組んでいる人=ガチ勢のことを指したものです。

そのほかの二つの意味はとても分かりやすいですよね!



■ガチと同じ意味を持つ言葉
  • マジ
  • すごく
などの意味と同じような感じで使われることが多いです。



スポンサーリンク


さて次は、会話の中でガチをどう使えば良いのか?を会話形式の例文を用意しているので、一緒に見ていきましょう!


ガチの使い方を会話形式で紹介!

さて、ガチの意味は、
  • マジ
  • 真剣
  • 本当に など
上記の3つが主に使われるんでしたよね。

ちなみに、使うときは基本的に「ガチで○○」という風に使われることが多いです。ここは基本なので、ちゃんと覚えておきましょう。



では、いくつか使用例を紹介しますね。


ガチ勢の使い方

太郎
マリオカートしようぜ!!


次郎
おお、いいぜ!でも、おれ結構なガチ勢だけど良いのか?(笑)


太郎
お手並み拝見といきましょうか。


10分後・・・

太郎
マジで強いじゃん!


次郎
だからいっただろ?おれはガチ勢だって。


これは意味の所でもお伝えしたガチ勢=本気の人たち(主にゲームなど)という意味で使われているのがわかりますよね。



主な使い方としては、
  • 相手がゲーム上手かった時
  • 自分が上手いと思った時
  • スマホゲームへの課金がすごい人 など
ガチ勢はゲームに本気な人に大して使うことが多いです。でも、他にも何かに本気で取り組んでいる人に対して使うことも多いですよ!

何かの部活の「弱小校が強豪佼」に対してなど使っている人も見たことがありますね。


お笑い番組を見た時の話

太郎
昨日のアメトーク見た?

美紀
うん!見たよ~

太郎
出川ガチで面白かったよね!

美紀
あれはガチで面白い!!


これはアメトークを見た太郎が「ガチで面白かった=本当に面白かった」という風に使っていることがわかりますよね。



もう一つ違った使い方を紹介します。

恋バナをしている時

美幸
ねぇ!まなみ~、私好きな人ができたんだ!

まなみ
えぇ!ガチで?

美幸
うん。実は隣のクラスの太郎が好きなんだ!

まなみ
太郎かぁ~、あの子かっこいいもんね!

美喜
うん!(笑)


これは先ほどと少し違った使い方ですよね。

好きな人ができたといわれたまなみが驚いて「ガチで?=マジで?or本当に?」という意味で使っています。

この3つの例で使い方のイメージはできたのではないでしょうか?



他の使い方もあるよ!
  • ガチでうまい!
  • ガチでほしい!
  • 結構ガチで○○
  • ガチだから!
という風な使い方があります。

使い方を迷ったときは「本当・マジで・真剣の言葉とガチを入れ替えられる」ということを抑えておけば変なところで使うことはないでしょう。

スポンサーリンク


ここまでくれば間違って使うことも少ないと思います。

しかし、時折変な使い方をしている人を見かけることが多いんですよ!

なので使い方を間違えて恥ずかしいことにならない為にも、ガチの間違った使い方も見ておくとよりわかりやすいと思います。


ガチの間違った使い方!実際に私が見た会話!!

間違った使い方はどんなものがあるのか?

考えるのも難しいくらい間違える人が少ないのが事実です。しかし、たまに「えぇ!」となる使い方をしている人がいらっしゃるんですよ!

私が目撃して驚いた使い方を紹介しますね。



■居酒屋で出会った使い方

部長
今日のあれはダメだぞ!

後輩
はい、本当にすみませんでした。

部長
お前はガチだから気をつけろよ!

後輩
・・・はい。


なにがが変なのかわかりましたか?

「お前ガチだから~」のところですよね。この時、後輩らしき人も少し間が空いてから「はい」と言っていたので、おそらく「どういうこと?」と頭ん垢でなったことでしょう。

この部長は、年齢が50歳くらいなのでちょっと意味を間違えて覚えていたのかもしれませんね。

でも、ここまで変に間違える人はいないとは思うので、こういう使い方をすればダメなんだということを頭の片隅にでも置いておいてください。


初めの方でガチは元々ガチンコから来ているということは初めにお伝えしましたよね。

このガチンコはどのようにして生まれたのかについて見ると、ガチの意味について深く知ることになりますよ。

せっかくなので次は、ガチの語源や由来について一緒に見ていくとしましょう!


ガチの語源や由来は相撲からだった!?

相撲
ガチの語源は初めのほうでも触れたガチンコがもとになっています。このガチンコは元々真剣勝負の意味で使われていたんでしたよね。

これは相撲の取り組みで、八百長をしない戦いのことを指して使われていた隠語と言われています。

由来と言われるのは、相撲でお互いがぶつかる時にする「ガッチン」という音から、真剣勝負のことをガチンコと呼ぶようになったと言われています。

たしかに、力士同士がぶつかったときは何トンもの衝撃があるといいますから、このような音がしても不思議はないですね!

なんとも痛い由来ですね...(笑)



さて、次の章にここまでの内容をまとめたので、おさらいして忘れないようにするためにも一緒に見ていくとしましょう!!


まとめ

今回お伝えした内容は、
  • ガチンコからガチになった
  • 意味は本当に・真剣・マジで
  • 使い方はガチでうまいなど
  • 語源は相撲のぶつかり合うときの音
ガチという言葉は何気なく使ってしまいます。本来はどういう意味だったのか、どうやってできた言葉なのか。についてあらためて見ると相撲からガチンコができそれがまたガチになるという流れがありましたよね。

私たちの周りにある言葉がどうやって生まれたのかについて調べてみると、言葉の大切さや重みがわかりました。

これからも気になった言葉があれば調べてみたくなります!

スポンサーリンク
関連記事

関連記事



フォローする